2016年度 第102回全国図書館大会 第9分科会(資料保存)のテーマは「ここからはじまる資料保存―未来に残し、伝えるために―」

Default160802c.jpg

 

102回全国図書館大会が1016日(日)に青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区)で開催されます。第9分科会の内容は下記のとおりです。参加には別途、図書館大会の参加費(3,000円)が必要です。

 

日時: 20161016日(日)13301700

分科会会場: 青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25

主催: 日本図書館協会

基調報告:

眞野節雄氏(日本図書館協会資料保存委員会委員長/東京都立中央図書館資料保全専門員)

     「なぜ残し,どう残すのか―資料保存・修理の基本的な考え方と手法―」

 事例報告: 神原陽子氏(埼玉県立久喜図書館)

     「埼玉県立図書館の資料保存―ゼロからの取組―」

 事例報告: 床井啓太郎氏(一橋大学社会科学古典資料センター)

     「一橋大学における西洋古典資料保存の取組―ただ古いだけではない」

ワ―クショップ: 資料保存委員

     「修復に使う和紙を触ってみよう」

詳細は:

http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/594/Default.aspx

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2016年度 第102回全国図書館大会 第9分科会(資料保存)のテーマは「ここからはじまる資料保存―未来に残し、伝えるために―」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1368

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事