2016年8月アーカイブ

news160830.jpg

 

下記の通り開講されます。定員30名で、お申込み締め切りは「基礎コース」が9/28(水)、「応用コース」が各開催日の10日前までです。

 

日程:

基礎コース 107日(金)・14日(金)・19日(水)・28日(金)

応用コース 114日(金)・11日(金)・17日(木)・25日(金)

        122日(金)・9日(金)

場所: 東京大学本郷キャンパス 経済学研究化学術交流棟(小島ホール)

料金: 基礎コース(4日間) 会員20000円・一般27000

     応用コース 各日 会員6000円・一般7500

 

カリキュラムは以下の通りです。

■基礎コース

基礎1  107日(金)

アーカイブズの意義とアーキビストの役割

学習院大学大学院人文科学研究科教授 安藤正人

 

基礎2  1014日(金)

企業制度の発達と企業史料

東京大学名誉教授 武田晴人

 

基礎3  1019日(水)

「社史とアーカイブズ」概論

東京理科大学大学院イノベーション研究科教授 橘川武郎

 

基礎4  1028日(金)

レコードマネジメントとアーカイブズ

㈱出版文化社アーカイブ研究所所長 小谷 允志

 

■応用コース

応用1  114日(金)

資料の収集、評価・選別、管理と活用

麗澤大学大学院経済学研究科教授 佐藤政則

 

応用2  1111日(金)

ビジネスアーカイブズに関わる著作権等の法律について

ライツ法律特許事務所弁護士・弁理士 伊藤真

 

応用3  1117日(木)

①ビジネスアーカイブズでの資料の保存と管理

国立文化財機構東京文化財研究所文化財情報資料部長 佐野千絵

②経済学部資料室(解説と見学)

東京大学大学院経済学研究科講師 小島浩之

 

応用4  1125日(金)

①企業とミューアジアムの関わりについて

㈱丹青研究所文化空間情報部部長 石川貴敏

② 事例研究:企業ミュージアム

花王㈱コーポレートコミュニケーション部門 久保野 由美

 

応用5  122日(金)

①企業資料デジタル化の実践と課題

㈱堀内カラーアーカイブサポートセンター所長 肥田 康

② 事例研究:企業の資料室と企業資料のデジタル活用

㈱虎屋 虎屋文庫研究主任 所加奈代

 

応用6  129日(金)

① 紙資料の保存・修復

(公社)日本図書館協会資料保存委員会委員長 眞野節雄

② 事例研究:企業の中の資料室

ライオン㈱ 総務部社史資料室室長 松村伸彦

 

お申込み詳細は:

http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=14

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1468243997245.jpg

 

CCI(カナダ保存研究所)は皮革や毛皮製品の保存、お手入れのページを公開しました。

皮革や毛皮製品の種類など基本的な解説に始まり、ダメージの予防と事例などが書かれています。

実践例では、4℃で5060RHの低温貯蔵法やバリア性の高いエスカルフィルムと脱酸素剤などによる無酸素保存についても紹介しており、それぞれのメリット・デメリットも述べています。

 

プラスチックやゴム、AV資料、データ記録媒体などのページも今後数か月のうちにアップロードされるそうです。

 

Caring for leather, skin and fur(英語):

http://canada.pch.gc.ca/eng/1468243997245

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2016-southern-louisiana-flooding#.jpg

 

2016814日に米・南部ルイジアナ州を襲った洪水に、FAIC(The Foundation of the American Institute for Conservation)が文化遺産の緊急プログラムによって支援開始したことを、文化財保存の専門家のための団体、米国のAIC(American Institute for Conservation)が発表。

 「緊急時、最初にすること」や「水損した家族のお宝や貴重品のお手入れ」、「テキスタイルや写真の救出」、CoOL(Conservation OnLine)の防災ポータルへのリンクなどお役立ち情報を掲載しています。

 

2016 Southern Louisiana Flooding(英語):

http://www.conservation-us.org/emergencies/national-heritage-responders/nhr-reponses/2016-southern-louisiana-flooding#.V8Piq-Tr2Un

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20-3.jpg

 

沖縄県公文書館は201581日で開館20周年を迎え、このたび『沖縄県公文書館20年のあゆみ』を発行しました。pdfファイルで23.7MB61ページ)です。

保存修復・複製業務では、保存修復作業やマイクロ化、デジタル化などの実績が詳細に記録されています。

 

『沖縄県公文書館 20年のあゆみ』を掲載しました:

http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2016/08/20-3.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160824.jpg

 

下記の通りセミナーと研修会が開催されます。

 

■ 第38回生活環境とカビ管理対策セミナー(*申込受付中)

日時: 平成2895日(月)13301645

会場: きゅりあん(品川区立総合区民会館)5階第2講習室

参加費: 会員5,000円、非会員8,000 円(当日受付)

定員: 50

 

【内容】

. 培地作製で気をつけたいこと   渡辺 麻衣子(国立医薬品食品衛生研究所) 

. 水回りのカビ制御  森山 康司(TOTO株式会社)   

. バイオエアロゾルのモニタリングを通して見えてきた-環境微生物の知られざる生態-

            狩野 文雄(元・東京都健康安全研究センター主任研究員)

                (現・日本空調システム・クリーニング協会顧問)  

. 臭気を出すカビ -検査と同定-   高鳥 浩介(カビ相談センター) 

. カビ相談センターからの最新情報

 

お申込み詳細は:

http://www.kabisoudan.com/event/index.php?no=75

 

■ 第31回 カビ基礎技術研修会(一日コース)(*申込受付中)

 会期: 平成281013日(木)10001630

 会場: NPO法人カビ相談センター技術研修所

 定員: 5

 参加費: 会員30,000 円、非会員45,000

 

【内容】

1)カビ検査の基礎知識とカビの取扱い

2)カビ検査環境

3)検査に必要な器材・培地

4)分離培養・定量培養

5)衣食住に多いカビ簡易同定

 

お申込み詳細は:

http://www.kabisoudan.com/event/index.php?no=76&pg=1

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160822.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第6回が歴史資料ネットワークのブログに掲載されました。

 

6回「修復家たちの奮闘[2]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」

木の上に張り込まれたカンヴァスに描かれた作品《十字架降下》の彩色層の剥落止めやヴァンダリズムにより徹底的に損傷した《ピエタ》の修復事例を通して修復家のヴィットリオ・グランキと美術史家ウンベルト・バルディーニの取り組みを紹介しています。

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-05/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  kouzaa160821.jpg

 

下記講座は台風の接近・通過が予想されており延期(9月下旬、詳細日時未定)となります。

 

NPO法人 共同保存図書館・多摩は共同保存図書館の実現を目指している団体です。同会は定期的に「多摩デポ講座」を開いていますが、今回は国立国会図書館電子情報部の徳原直子氏に講演いただきます。

 

日時: 2016830日(火)18302030

会場: 国分寺労政会館3階 第2会議室

タイトル: 「国立国会図書館の蔵書デジタル化計画とまちの図書館、読書の未来」

講師: 徳原直子氏(国立国会図書館電子情報部電子情報企画課)

参加費: 無料

事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

 

講演会の詳細は:

http://www.tamadepo.org/kouza.html#kouza26

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

sekaiwokaeta100satunohon.jpg

 

本書は、本の発展において重要な役割を果たしてきた100冊の本を紹介しています。著者のロデリック・ケイヴ氏は印刷の歴史研究者で、司書とし稀覯本のコレクションにかかわる仕事もされた方、サラ・アヤド氏は図書館助手や書籍販売員、編集者などに長年携わったそうです。

 

主な内容は、

第1章 本のはじまり

1 洞窟壁画 エル・カスティーリョの洞窟

2 数学的知識を示す最古の証 イシャンゴの骨

3 楔形文字のタブレット『ギルガメシュ叙事詩』

4 アンデスの謎 カラルのキープ

5 パピルスに記されたエジプトの本『アニの死者の書』

第2章 東方における取り組み

6 中国における本作り 郭店楚簡

7 日本で行われた大量印刷 称徳天皇の『百万塔陀羅尼』

8 韓国の記念碑的大事業『八萬大蔵経』

9 インドの貝葉ナーランダの『八千頒般若経』

10 史上最大の本『永楽大典』

11 骨、竹、樹皮パタク族の『プスタハ』

12 ミャンマーの折本『パラバイ』

第3章 偉大なる古典

13 古典的な児童書の起源『イソップ寓話集』

14 不朽の叙事詩 ホメロスの『イリアス』

15 エチオピア美術の初期の傑作 ガリマの福音書

16 最初の料理書『アピキウス』

17 数学界の奇跡アルキメデスのパリンプセスト

第4章 中世世界と本

18 アイルランドの至宝『ケルズの書』

19 分離と不和 クルドフ詩編

20 薬物学の礎 ディオスコリデスの『薬物誌』

21 アルメニアの彩飾の傑作 トロス・ロスリンの福音書

22 地図制作の父 プトレマイオスの『地理学』

23 船乗りのためのビザンティウム案内図 クリストフォロの『島々の書』

24 祈祷書の名人による彩飾 ブルッへの『薔薇物語』

25 巨匠の中の巨匠 ファルネーゼの『時祷書』

第5章 東方からの光

26 印刷された最古の本 敦煌の『金剛経』

27 文学的・芸術的傑作 紫式部の『源氏物語』

28 インドのイソップ『パンチャタントラ』

29 イスラムのスタンダードな天文学書 アル=スーフィーの『星座の書』

30 レオナルド・ダ・ヴィンチの忘れられた先駆者 アル=ジャザリの『巧妙な機械装置に関する知識の書』

31 最初の解剖図表集マンスールの『人体解剖書』

32 ジャワで作られた初期のイスラムの本『ボケ・ヴァン・ボナン』

第6章 変化の原動力

33 グーテンベルクの革命グーテンベルクの42行聖書

34 初期の印刷本の大ベストセラー シェーデルの『ニュルンベルク年代記』

35 イギリス初の印刷業者 キャクストンの『チェスのゲーム』

36 最初の滑稽本 ウィンキンの『愉快な質問』

37 最古の科学テクストエウクレイデスの『幾何学原論』

38 未来のブックデザインの模範 アルド版ウェルギリウス

39 アラビア語の印刷 グレゴリオの『時祷書』

40 アフリカ初の印刷物『アブダラムの書』

41 天上の声 聖ガレンの『アブダラムの書』

42 解決された疑問と新たな疑問『コンスタンス・グラドゥアーレ』

43 聖書研究における重要な業績 コンプルテンセの多言語聖書

第7章 危険な発明

44 スウェーデン語の発展 グスタフ・ヴァーサ聖書

45 検閲の効果 エラスムスの『書簡文作法』

46 イギリス領アメリカ初の印刷 ベイ詩編歌集

47 アステカ先住民の絵文書 『メンドーサ絵文書』

48 胡椒とナツメグを求めてリンスホーテンの『東方案内記』

49 最初の近代的解剖学 ヴェサリウスの『ファブリカ』

50 驚くべきアマチュア天文学者 ブラーエの『天文学の観測装置』

51 近代科学の礎ニュートンの『プリンキピア――自然哲学の数学的原理』

52 誰でも達人になれる マーカム の『イギリスの馬の飼育』

53 服飾における流行 ヘルムの『針仕事における技術と研究』

54 植物学へのすばらしい貢献ブラックウェルの『キューリアス・ハーパル』

55 バロックダンスを踊るには 卜ムリンソンの『ダンスの技術』

第8章 印刷と啓蒙

56 古典劇を彩るロココ装飾 ブーシェの『モリエール作品集』

57 もっとも偉大な英語辞典 ジョンソンの『英語辞典』

58 児童書の草分け ニューベリーの『小さなかわいいポケットブック』

59 啓蒙巡動を推進した本 ディドロの『百科全書』

60 情報検索のパイオニア リンネの『植物の種』

61 情報伝達にグラフを使う プレイフェアの『商業と政治の図解』

62 罪と罰の記録 『ニューゲイト・カレンダー』

63 ヨーロッパを虜にした奇妙な文学 スターンの『トリストラム・シャンデイ』

64 猥褻のきわみか文学の傑作か クレランドの『ファニー・ヒル』

65 アフリカ系アメリカ人の暦 バネカーの『暦』

66 黒と白の達人 ビュイックの『イギリス鳥類誌』

67 最高の風景をデザインするレプトンのレッド・ブック

68 点字本のはじまり アユイの『盲人の教育論』

第9章 印刷の発展

69 じつにすばらしいアメリカ人の創作力 パーキンズの特許

70 世界初の写真集 アトキンズの『イギリスの藻――青写真の刻印』

71 第三世界の写真術 デュペリの『鉄板写真で見るジャマイカ周遊』

72 カナダでの伝道師による印刷 エヴァンズの『音節文字を使った賛美歌集』

73 分冊出版の発展 ディケンズの『ピクウィック・ペーパーズ』

74 ヴィクトリア様式のパルプ・フィクション パウエルの『熊使いグリズリー・アダムズ』

75 子どものための革新的な本 エイキンの『1音節の単語で読むロビンソン・クルーソー』

76 絵本を使った道徳教育 ホフマンの『もじゃもじゃペーター』

77 中世の神秘主義からペーパー・エンジニアリングまで メッゲン・ドルファーの『グランド・サーカス』

78 ガイドブックを持って旅に出よう ベデカーの『スイス案内』

79 最初のセレプなシェフ ソワイエの『現代の主婦』

80 植民地向けのマーケティング ボルダーウッドの『武装強盗団』

第10章 動乱の20世紀

81 プエノスアイレスの盲目の予言者ボルヘスの『八岐の図』

82 文書作成における大きな進歩 カールソンの実験ノート

83 芸術としての印刷クラナッハ 印刷工房の『ハムレット』

84 アメリカの叙事詩に対する西海岸の解釈 ホイットマンの『草の葉』

85 革命へのタンゴ カメンスキーの『牝牛とのタンゴ』

86 時空を超えたシュルレアリスム エルンストの『慈善週間』

87 街頭で売られる読み物――人々の声 ンナドジエの『売春婦にご用心』

88 出版ニーズに対する20世紀の解決法 レーマンの『ワルツへの招待』

89 屈するものか! 戦時の地下印刷 カミンスキーの『城壁の石』

90 もっとも偉大な地下出版書 ブルガーコフの『巨匠とマルガリータ』

91 新婚家庭への手引き ストープスの『結婚愛』

92 政治的プロパガンダの抑制 フランクの『アンネの日記』

第11章 デジタル化と本の未来

93 すべてが彼の手仕事 ハンターの『古代の製紙』

94 古いものの最後、新しいものの最初 ランドの『百万乱数表』

95 中世の写本を現代に甦らせる『電子版ベーオウルフ』

96 最初の電子書籍?  ルイスの『機械で動く百科事典』

97 入れ物は小さくても内容は豊富 最小の本――イスラエル工科大学のナノ聖書

98 現代の科学技術と漫画 小山ブリジットの『漫画の1000年』

99 「アーテイスト・ブック」は本なのか プリエトの『反書物』

100 本とはいったい何なのか スラウェシの貝葉

用語

参考文献

謝辞

図版出典

索引

 

『世界を変えた100の本の歴史図鑑 古代エジプトのパピルスから電子書籍まで』

 

発行日: 2015525

著者: ロデリック・ケイヴ、サラ・アヤド

日本語版監修: 樺山紘一

訳者: 大山 晶

発行所: ㈱原書房

http://www.harashobo.co.jp/new/shinkan.cgi?mode=1&isbn=05110-6

判型: A4変型判、288ページ

定価: 3,800円(税別)

(文責 秋田)        

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexab160819.jpg

 

国立公文書館がアーカイブズ関連情報誌「アーカイブズ」第61号を発行しました。

 

 

 

主な内容は

・新しい国立公文書館の建設に向けて~国家的事業としての取り組みへの期待~

国立公文書館長 加藤 丈夫

・東京外国語大学文書館の国立公文書館等指定 ~小規模大学における指定の経緯と意義~

東京外国語大学文書館      倉方 慶明

・福井県文書館の小展示と情報発信―もっと文書館を知ってもらうために―

福井県文書館  柳沢 芙美子

・市制100周年を迎えた尼崎市と地域研究史料館の取り組み

尼崎市立地域研究史料館長    辻川 敦

・倉敷市歴史資料整備室の取組みについて

倉敷市総務局総務部 山本 太郎

・記録管理の国際標準ISO15489-1の改定について

国立公文書館  中島 康比古

・電子記録管理の現在~イギリス国立公文書館の場合~

国立公文書館  渡辺 悦子

 

「アーカイブズ」第61号:

http://www.archives.go.jp/publication/archives/

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2016_bunkazaikenshu_4.jpg

 

福島県文化財センターが主催する研修会です。

資料の所在把握の手法や、記録保存を行うための写真撮影の方法などを、実習をまじえながら学びます。受講対象者は、文化財の調査・保護を担当する自治体・団体職員、文化財を学校教育、生涯教育に活用しようとする教職員等、文化財の調査、保護に携わる研究者、その他、館長が適当と認める者など。受講料は無料、定員は先着20名です。

 

日時: 平成28910日(土) 10301500

会場: まほろん講堂

     〒961-0835 福島県白河市白坂一里段86

講師: 阿部浩一氏(福島大学行政政策学類 教授)

     徳竹 剛氏(福島大学行政政策学類 准教授)

日程:

   1030 開会

   10301200 講義「資料の所在把握の手法とその意義」(阿部浩一)

   13001400 講義「記録保存を行うための写真撮影の方法」(徳竹剛)

   14001455 実習

   1500 閉会

 

お申込み詳細は:

http://www.mahoron.fks.ed.jp/bosyu/2016_bunkazaikenshu_4.htm

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160811.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費は無料ですが、事前申し込み(831日締切)が必要です。

 

日時: 2016913日(火)1830

会場: 学習院大学 北2号館10階大会議室

講演者: エウヘニオ・バストス氏(チリ共和国・アーキビスト協会会長)

 

講演会終了後に懇親会(会費1,000円)が予定されています。

 

お申込み詳細は:

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html

(文責 秋田)        

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

SCN160808.jpg

 

一般社団法人情報科学技術協会が発行する「情報の科学と技術」20168月号(668号)が従来のMLA(ミュージアム・ライブラリ・アーカイブズ)の保存対象から外れるような、サブカルチャーや広い意味での「POPカルチャー」の原物資料保存について特集しています。

 

取り上げているのは、コンテンツ文化(漫画、アニメーション、特撮、ゲームなど)や化粧品、制服、大量印刷物(商業広告、宣伝印刷物、新聞、出版物など)、計算機、お菓子の「おまけ」、服飾資料など広い範囲です。

 

特集の主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

•特集:「POPカルチャー保存機関」の編集にあたって 古橋英枝(編集担当委員)

•我が国におけるコンテンツ文化「資料」の保存と展示-現状と今後の課題-

吉田正高(東北芸術工科大学 基盤教育研究センター)

•化粧品・制服の保存と活用 

佐藤朝美(資生堂 企業文化部 文化資産マネジメントグループ)

•印刷博物館における収蔵資料の保存と管理 山口美佐子(印刷博物館)

•小さな科学技術遺産の保存のとりくみ 大石和江(東京理科大学近代科学資料館)

•お菓子の「おまけ」 野秋誠治(森永エンゼル財団)

KCIにおける服飾資料の保存 上山尚子(京都服飾文化研究財団 補修室)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「情報の科学と技術」20168月号(668号)

発行日: 201681

発行所: 一般社団法人 情報科学技術協会

判型: A4判、47ページ

定価: 1,660円(税別)

http://www.infosta.or.jp/journals/201608-ja/

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=1#1469512802-004950.jpg

 

NPO JCP(特定非営利活動法人 文化財保存支援機構)が下記の通り平成28年度 文化財保存修復専門家養成実践セミナーレベル1Bコースの受講生を募集しています。お申込み締め切りは819日(金)です。

 

実施期間: 2016829日(月)から98日(木)(93日を除く) 全10日間 

場  所: 東京国立博物館平成館小講堂(東京都台東区)

       必要に応じて展示室や修理室の見学、その他の博物館、修理施設等。

定  員: 30

参加資格: 文化財保存修復に興味を持ち、真剣に学ぶ意欲のある者

       (講義のレベルは大学等で行われる文化財コース履修者向けです)

       ※希望者多数の場合は監修者と委員会が選抜。

受講時間数: 60時間(5日/週 × 2週);講義48時間/見学等12時間

参 加 費 :

JCP 会員  ; 60,000

JCP 学生会員; 30,000

非会員   ; 80,000

非会員学生 ; 50,000

 

お申込み詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1469512802-004950

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20160831seminar.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日 時: 平成28831日(水) 13:0016:45

会 場: 山口県庁 1F  視聴覚室 (山口市滝町1-1

定 員: 80名(事前申込み制、参加無料)

プログラム:

   13:00-13:10  趣旨説明

   13:10-14:40

   基調講演「現在〈いま〉 、求められる公文書管理 ~公文書管理法施行から5年を経過して~」

        早川和宏(東洋大学法学部法律学科〈教授・弁護士〉 /全史料協理事)

   14:50-15:30

   報告1 「高松市における公文書管理条例と公文書館」

        三好久美子(元高松市公文書館/(公財)日本都市センター)

   15:30-16:00

   報告2 「山口県内市町の公文書館機能~ミニマムモデル・アンケート調査結果報告~」

        伊藤一晴(山口県文書館)

   16:00-16:45

   ディスカッション

       コメンテーター: 嶋田典人(香川県立文書館)

       コーディネーター: 宮田克成(三豊市文書館)

 

 主 催: 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)

 共 催:  山口県・山口県教育委員会

 

お申込み詳細は:

http://www.jsai.jp/iinkai/chousa/20160831seminar.html

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

32236.jpg

 

国際図書館連盟は、多様な形態のコンテンツの保存に関する基準の策定のために、所蔵資料の保存のために各機関で用いられている基準やガイドラインについてアンケート調査を実施しています。

調査の締め切りは20161017日で、調査結果は後日IFLAのウェブサイトで公開するとともに、不足している部分を埋めるために最良の方法を、諮問委員会が専門家とともに検討するとのことです。

 

詳細は:

http://current.ndl.go.jp/node/32236

(文責 秋田)        

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ica2016.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 2016911日(日) 143017451400開場)

場所: 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター2階)

参加費: 無料

 

 【プログラム】(※同時通訳あり)

 <第1部 記念講演>

   デービッド・リーチ ICA 事務総長

     「情報化時代におけるICAの役割」

   デービッド・フリッカー ICA 会長

     「デジタル情報の継続性-情報社会に対応するためのオーストラリア国立公文書館の改革」

 

  <第2部 パネルディスカッション:「日本のアーカイブズへの期待」>

   モデレーター:加藤 丈夫 国立公文書館長

   パネリスト :デービッド・フリッカー ICA 会長

           デービッド・リーチ ICA 事務総長

           井上 由里子 一橋大学大学院 教授

           御厨 貴 青山学院大学 特任教授

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.go.jp/about/activity/ica2016.html

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

study287.jpg

 

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の関東部会は、下記のとおり定例研究会を開催します。お申し込みの締め切りは9月27日(火)です。

 

287回定例研究会「武蔵野ふるさと歴史館の構想と取り組み」

日時: 2016106日(木)13301700

会場: 武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館

 (〒180-0022) 武蔵野市境5-15-5

http://www.city.musashino.lg.jp/shisetsu_annai/shisetsu_bunka/019527.html

内容: 

報告1 「歴史館の管理運営と歴史公文書に関する条例等について」

      栗原一浩氏(武蔵野ふるさと歴史館副参事)

報告2 「歴史公文書の選別と整理 ~歴史館の取り組み」

      大木悠佑氏(武蔵野ふるさと歴史館公文書専門員)

    施設見学

 質疑応答

 ※終了後、有志による意見交換会(懇親会)を予定しています。

お申込み詳細は:

http://www.jsai-kanto.jp/study287.html

(文責 秋田)        

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb160802.jpg

 

国立国会図書館が発行する専門図書館の連絡情報誌『びぶろす』73号(平成287月)が公文書や公文書館を特集しています。pdfファイルでご覧いただけます。

 

『びぶろす』73号(平成287月)

目次

1.【特集:公文書を探索する】

『特集:公文書を探索する』にあたって

2.【特集:公文書を探索する】

公文書館の国際的動向をめぐって(学習院大学文学部教授 保坂裕興)

3.【特集:公文書を探索する】

国立公文書館の活動について(国立公文書館総務課企画法規係公文書専門員 長谷川貴志)

4.【特集:公文書を探索する】

宮内庁宮内公文書館の紹介(宮内庁書陵部図書課宮内公文書館公文書調査室 辻岡健志)

5.【特集:公文書を探索する】

外務省外交史料館の所蔵史料・活動の概要(外務省大臣官房総務課外交史料館 日向玲理)

6.【特集:公文書を探索する】

近現代政治史を映す憲政資料(国立国会図書館利用者サービス部政治史料課 鈴木宏宗)

7.【特集:公文書を探索する】

欧州議会とアーカイブ ―歴史公文書部門を訪問して―(国立国会図書館調査及び立法考査局議会官庁資料課 舟越瑞枝)

8.ニュージーランド図書館訪問記:国立図書館、市立図書館、議会図書館(国立国会図書館総務部支部図書館・協力課 横田志帆子)

9.国立国会図書館 利用者アンケートご協力のお願い

10.日誌(平成284月~平成286月)

11.国立国会図書館刊行物紹介(平成284月~平成286月)

 

『びぶろす』のページ:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160802.jpg

 

国立国会図書館は国内の各種図書館職員向けに平成28年度の資料保存研修を行います。お申し込み締め切りは88日(月)です。

 

日時・会場: 東京本館 新館3階研修室 2016929日(木)、30日(金)

         関西館 第3研修室 20161028日(金)

         各日9301630(各日とも同じ内容)

対象: 国内の各種図書館、図書館等に関連する協議会およびこれに準ずる団体職員等

内容: 講義 「図書館資料の保存」

     実習 「あなたにもできる図書館資料の簡易な補修」

(1) 簡易補修、(2)無線綴じ本を直す、(3)外れた拍子を繋ぐ

実演 「簡易帙を作る」

持ちもの: えんぴち、エプロン

参加費: 無料

定員: 東京本館42名(各日21名)、関西館16

    (応募者多数の場合は抽選)

申込期間 81日(月)90088日(月)1700

 

お申込み詳細は国立国会図書館月報664/665号(20168/9月)の<お知らせ>から:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index160802.jpg

 

情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会が共催する第10回資料保存シンポジウムは下記の日程で開催されます。

 

タイトル: 「未来に遺す情報保存 ‐収集・保存・利活用‐」

日 時: 平成28年(2016年)103日(月)9:20開場 ~18:00 参加無料

場 所: 一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)

詳しい内容は決まり次第、後日掲載される予定です。

 

情報保存研究会:

http://www.e-jhk.com/html/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Default160802c.jpg

 

102回全国図書館大会が1016日(日)に青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区)で開催されます。第9分科会の内容は下記のとおりです。参加には別途、図書館大会の参加費(3,000円)が必要です。

 

日時: 20161016日(日)13301700

分科会会場: 青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25

主催: 日本図書館協会

基調報告:

眞野節雄氏(日本図書館協会資料保存委員会委員長/東京都立中央図書館資料保全専門員)

     「なぜ残し,どう残すのか―資料保存・修理の基本的な考え方と手法―」

 事例報告: 神原陽子氏(埼玉県立久喜図書館)

     「埼玉県立図書館の資料保存―ゼロからの取組―」

 事例報告: 床井啓太郎氏(一橋大学社会科学古典資料センター)

     「一橋大学における西洋古典資料保存の取組―ただ古いだけではない」

ワ―クショップ: 資料保存委員

     「修復に使う和紙を触ってみよう」

詳細は:

http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/594/Default.aspx

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Default160802a.jpg

 

下記のとおり開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 201699日(金)19002030

会場: 日本図書館協会 2階研修室

主催: 日本図書館協会資料保存委員会

タイトル: 「写真保存の基礎~どのように残すことがベストなのか?」

講師: 山崎 信氏

(株式会社フォトクラッシック代表取締役、日本大学芸術学部写真学科非常勤講師)

 

詳細は:

http://www.jla.or.jp/committees/hozon//tabid/121/Default.aspx

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事