オーストラリア国立公文書館は資料保存用各種製品の写真活性度試験(PAT試験)の結果をサイトに掲載しています。

pat160602.jpg

 

オーストラリア国立公文書館(NAA)は、保護保存用の各種製品のPAT試験を行い、合格した製品をウェブサイトに掲載しています。実際の試験機関はNational Association of Testing Authorities (NATA)

サイトには1996年から2012年までの212アイテムの試験結果が載っていますが、40%近くの製品はすでに供給されていないようです。ページ下部にはサプライヤーやメーカーへのリンクもあります。(英語です)

http://www.naa.gov.au/records-management/agency/preserve/physical-preservation/pat.aspx

 

PAT試験について)

写真活性度試験(PAT試験:Photograph Activity Test)は、包材や接着剤、テープなど資料保存に使われている各種材料の写真に対する安全性を調べる試験です。(ISO18916) 写真資料は最も脆弱な資料の一つと言われており、写真に対して安全であれば、他の資料にも問題ないといわれています。包材の資料に対する長期的な影響を調べる試験は、ほかに確立されたものがないため、写真以外の資料にも適用されています。

 

(参考)

PAT(写真活性度試験=Photographic Activity Test)の概要と有用性 -アーカイバル容器の確かな信頼性のために-」株式会社資料保存器材 スタッフのチカラ:

https://www.hozon.co.jp/report/post_7898

 

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オーストラリア国立公文書館は資料保存用各種製品の写真活性度試験(PAT試験)の結果をサイトに掲載しています。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1337

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事