講演会「オランダに渡った紙・欧州で使われる紙-和紙の多様性の中で-」を開催

washiken160527.jpeg

和紙文化研究会はこの度、月例会の拡大版として講演会とパネルディスカッションを行うそうです。

和紙文化パネル-workⅢ
「オランダに渡った紙・欧州で使われる紙-和紙の多様性の中で」

日    時: 2016年6月18日(土)13:00~17:00
会    場: 小津和紙本社ビル 3階展示場「小津和紙照覧」フロア
参  加  者: 和紙研会員および会外の希望者(会員は通常例会と同様です)
入場人数: 100名以内(会外の方は40名以内)
参  加  費: 会外の方は2,000円(機関誌込み)

開場
13:00~
開会
13:30~13:40 開会の挨拶: 稲葉政満会長
           司会・講師紹介: 日野楠雄
基調講演
13:40~14:25 安田智子講師
           「江戸時代にオランダに渡った紙の多様性について」
14:25~15:10 岡本幸治講師
           「西洋の書籍修理と製本に使われる和紙について」
15:10~15:45 増田勝彦講師(和紙文化研究会副会長)
           「海外で資料修復に活躍する和紙」

パネルディスカッション
16:00~16:50 「オランダに渡った紙・欧州で使われる紙-和紙の多様性の中で」
           座長: 増田勝彦講師
           パネラー: 安田智子講師、岡本幸治講師、
                  宇佐美直治講師(和紙文化研究会)
閉会の挨拶
16:55~     島田達生運営委員


参加には申込みが必要です。先着順ですが定員に達した場合はお断りすることがあるそうなのでご注意下さい。
詳細は:

http://washiken.sakura.ne.jp/blog/

(文責:秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 講演会「オランダに渡った紙・欧州で使われる紙-和紙の多様性の中で-」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1330

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事