米国映画芸術アカデミーによる、デジタルデータの長期保存の危うさを訴えている "The Digital Dilemma 2"の邦訳版を東京国立近代美術館フィルムセンターが公開。

#section1-2160404.jpg

 

米国映画技術アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences:AMPAS)は、2007年に"The Digital Dilemma "を発表しました。この論文は、デジタルデータの長期保存の危うさに警鐘を鳴らしたものです。主に米国における公的機関やハリウッドなど大手映画スタジオのデジタルデータ保存の現状を調査し、データの長期保存について取り組む必要性を訴えたものです。

 

"The Digital Dilemma "(原文):

https://www.oscars.org/science-technology/sci-tech-projects/digital-dilemma

"The Digital Dilemma "(邦訳版)慶應義塾大学 デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター(DMC)による:

http://www.dmc.keio.ac.jp/digitalarchives/ro3mup000000151z.html

 

"The Digital Dilemma 2"は、全米で上映されている長編映画作品の75%を占めているといわれる、ハリウッド大手スタジオ以外の「インディーズ映画」などの現状を調査したものです。近年のデジタル技術の進展により、映画製作は飛躍的に容易になりましたが、反面、デジタルデータの長期保存ははるかに難しくなったといわれています。デジタルデータのストレージ費用は下がり続けていますが、膨大なデータの長期にわたるアクセスの保証は未だにありません。

 

論文では、「時間は、現在もこれからも、デジタルデータへの将来的なアクセスに対する最大の敵である」と結んでいます。

 

"The Digital Dilemma 2"の主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき

概要

1独立系映画製作者

2ドキュメンタリー映画製作者

3独立系映画のマーケティングと配給

4非営利視聴覚アーカイブ

5進捗レポートと当面の対応策

6結び

付録 ケーススタディ

巻末註

文献一覧

謝辞

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

"The Digital Dilemma 2"(原文):

https://www.oscars.org/science-technology/sci-tech-projects/digital-dilemma-2

"The Digital Dilemma 2"(邦訳版)東京国立近代美術館フィルムセンターによる:

http://www.momat.go.jp/fc/research/bdcproject/#section1-2

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国映画芸術アカデミーによる、デジタルデータの長期保存の危うさを訴えている "The Digital Dilemma 2"の邦訳版を東京国立近代美術館フィルムセンターが公開。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1275

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事