日本アーカイブズ学会が2016年度大会開催概要を発表

indexa160309.jpg

 

下記のとおり開催されます。

 

期日: 2016423日(土)・24日(日)

会場: 東京外国語大学府中キャンパス

参加費: 会員500円、非会員1,000円(事前申し込みは不要)

 

プログラム: ※タイトル、時間、会場等は変更となることがあります。

423日(土) 受付開始12:30 (会場:本部管理棟大会議室)

総会 13:0015:00 *会員の方のみが参加できます

講演会 15:3016:30

宮崎 恒二氏(東京外国語大学副学長)

    「史資料の救出・保存とその活用:インドネシアでの経験から」

懇親会 17:0019:00(会場:アゴラグローバル1階カフェテリア)

 

424日(日)受付開始9:00

自由論題研究発表会 9:3012:20

1会場(場所:本部管理棟大会議室)

   元(ウォン) ナミ

  「イギリスにおける地方公文書館の創設と現在の課題:ベッドフォードシャー(Bedfordshire)の事例を中心に」

   金子 彩里香

   「米軍占領地域における民政文書管理と「処分」:USCARの「文書処分計画書」を事例に」

   Baryshev Eduard(バールィシェフ・エドワルド)

   「「自然なアーカイブズ」構想の理論的・実践的な意義:近現代ヨーロッパのアーカイブズ学の観点から」

   阿久津 美紀、徳永 祥子

   「日本とイギリスにおける児童福祉施設出身者(ケアリーヴァー)の記録へのアクセス:そのとき、彼らに必要な支援とは」

   小谷 允志、渡邊 健、山田 敏史

   「記録管理の国際標準「ISO 30300シリーズ」の意義」

 

2会場(場所:アゴラグローバルプロジェクトスペース)

   橋本 陽

   「ISAD(G)の成立過程とその思想:問うべき課題は何か」

   蓮沼 素子

   「現代舞踊アーカイブズの編成の実践と課題:「石井漠資料」を事例として」

   長島 祐基

   「市民アーカイブ多摩における市民活動一次資料保存と公開の取り組み:「懸樋氏旧蔵電磁波運動資料」の整理を通じて」

   宇野 淳子

   「音声記録の保存状況等調査とその分析:立教大学共生社会研究センターにおけるFACET適用の試み」

   高科 真紀、青木 睦

   「アーカイブズ展示照明の検証:LED照明と蛍光灯の特性比較を中心に」

 

3会場(場所:アゴラグローバルプロジェクトスペース)

   大木 悠佑

   「機能分析方法論に関する比較的検討」

   齋藤 歩

   「フランク・ボールズによる「ミクロ・アプレイザル」の現代的意義:建築レコードを例に」

   渡辺 彩香

   「文学資料における検索手段の考察:芥川龍之介資料を例に」

   新嶋 聡

   「厚生官僚追悼録のアーカイブズ学的研究:公害問題の生じ方を例として」

 

企画研究会 14:0017:00(会場:本部管理棟大会議室)

・テーマ:「アーカイブズ記述の未来-ライブラリー、ミュージアムとの比較から-」

 

・報告1「 図書館目録における「記述」の現状と将来」

 谷口 祥一氏(慶應義塾大学文学部)

・報告2「ウェブ時代の博物館資料情報とデータモデル」

 嘉村 哲郎氏(東京藝術大学芸術情報センター)

・報告3「アーカイブズ記述の国際標準に関する近年の動き」

 寺澤 正直氏(国立公文書館)

モデレーター:田窪 直規氏(近畿大学)

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=258

文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本アーカイブズ学会が2016年度大会開催概要を発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1259

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事