第101回全国図書館大会東京大会 第15分科会(資料保存)の記録がサイトにアップされました。

Defaulta160328.jpg

 

101回全国図書館大会東京大会の第15分科会(資料保存)は20151016日(金)に国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区代々木)で開催されました。発表者とタイトルは下記の通りですが、講演記録が日本図書館協会の図書館大会のサイトに掲載されました。

 

「デジタル化のリスクに向き合う ~そのデータ、10年後も使えますか?~」

 《基調講演》「デジタルデータの長期保存とその課題」

   本田伸彰氏(国立国会図書館電子図書館課)

 《報告1》「デジタル化データのマイグレーション(移行)について」

    平安名道江氏(東京都立中央図書館)

 《報告2》「長期保存用光ディスクについて」

    竹島秀治氏(公益社団法人日本文書情報マネジメント協会)

 

101回全国図書館大会東京大会 第15分科会(資料保存)の記録のページ:

http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/594/Default.aspx#theme1

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第101回全国図書館大会東京大会 第15分科会(資料保存)の記録がサイトにアップされました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1269

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事