全史料協近畿部会第132回例会「古文書(近世村方、町方文書等)料紙調査のためのワークショップ-料紙の紙質や物性を理解するためのレクチャーと実習-」

b20160205b.jpg

 

下記のとおり開催されます。(会員以外でも参加できます。要参加申込、229日(月)必着)

 

● と き  平成28年3月12日(土) 午後1時00分~4時00分

● ところ  京都造形芸術大学 直心館 1階J12教室

         所在地:〒6068271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116

        電 話:075-791-9122 (代表)

        交 通: 京阪出町柳駅より、市バス上終町3系統/

              上終町京都造形芸大前行「上終町京都造形芸大前」下車

              (所要時間約15分)すぐ。

              叡山電車(京阪出町柳駅乗りかえ)茶山駅下車、徒歩約10

● テーマ 「古文書(近世村方、町方文書等)料紙調査のためのワークショップ

       -料紙の紙質や物性を理解するためのレクチャーと実習-」

 

● 報告者 大林賢太郎 氏 (京都造形芸術大学歴史遺産学科 教授)    

● タイムスケジュール

 12:45 開 場

 13:00 開 始

   1.和紙について

   ・様々な種類の和紙を知る(講義)

    ・和紙の種類の識別・様々な和紙資料の実見(ワークショップ)

   2.古文書料紙としての和紙

    ・紙の素材構造と物性<紙のキャラクター>(講義)

    ・古文書料紙調査実習(ワークショップ)

   3.古文書の紙質と保存修理

    ・修復材料としての補修紙・裏打紙(講義)

     おわりに

 16:00 終 了

 

お申込み詳細は:

http://www.jsai.jp/ibbs/b20160205b.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 全史料協近畿部会第132回例会「古文書(近世村方、町方文書等)料紙調査のためのワークショップ-料紙の紙質や物性を理解するためのレクチャーと実習-」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1256

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事