公開研究会「膠ほか動物由来接着剤と文化財修復‐伝統材料を繋ぐ‐」を大阪国際交流センターで開催

indexd160205.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、定員100名です。

 

開催概要

日 時 : 2016227日(土) 13151700

会 場 : 大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町8丁目26号)

主 催 : 科学研究費(基盤研究(B)・1502950) 研究代表者 山内章(桃山学院大学)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1230~ 受付

1315~ 開会挨拶

13201340 「文化財修復に膠を使用する理由‐用途と性質を考えた選択‐」

山内章(桃山学院大学)

13401410 「油彩画修復に於けるチョウザメ膠について」

村松裕美(絵画修復家)

14101450 「亜熱帯台湾での膠彩画制作」

李貞慧(台湾 東海大学)

15001540 「台湾における豚血下地と桐油彩画制作」

林彦良(台湾 東海大学)

15401610 「原料由来の膠の性質と用途」

○木曽太郎・山内朝夫・田中重光((地独)大阪市立工業研究所)

 木下雅代((一社)天野山文化遺産研究所・山内章(桃山学院大学)

16201650 質疑応答

司会 山内朝夫((地独)大阪市立工業研究所)

16501700 総評

櫻井敏雄((公財)和歌山県文化財センター理事長)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1454560463-322915

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 公開研究会「膠ほか動物由来接着剤と文化財修復‐伝統材料を繋ぐ‐」を大阪国際交流センターで開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1230

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事