脚本アーカイブズシンポジウム・2016「脚本アーカイブズ さらなる展開へ向けて ~脚本保存と利用の可能性を語る~」を開催

indexa160119.jpg

 

下記の通り開催されます。入場無料(定員200名・事前予約制)です。

 

日時: 2016229日(月)140018001330開場)

場所: 早稲田大学 小野記念講堂

主催: 一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム 

共催: 文化庁、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館  

後援: 国立国会図書館 

挨拶: 文化庁、国立国会図書館、山田太一代表

1部 座談会 14301630

「設計図としての脚本・文学としての脚本」

 ゲスト 岸惠子(俳優)

 今野 勉(演出家・脚本家)

     山田太一(脚本家)

 司 会   岡室 美奈子(早稲田大学演劇博物館館長)

※休憩 および活動の報告 16001630

2部 パネルディスカッション 16301800

「脚本を教育に活かす方法とは?」 

パネラー  鈴木寛(東京大学教授・慶應義塾大学教授)

平田 オリザ(劇作家・演出家)

       諏訪敦彦(映画監督)

 司 会    吉見 俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

閉会挨拶   上滝 徹也(日本大学 名誉教授)

 

お申込み詳細は:

http://www.nkac.jp/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 脚本アーカイブズシンポジウム・2016「脚本アーカイブズ さらなる展開へ向けて ~脚本保存と利用の可能性を語る~」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1206

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事