㈱資料保存器材がウェブサイトの「スタッフのチカラ」に洋装貴重書に対する保存修復手当のレポートを掲載

post_10503a.jpg

 

㈱資料保存器材は立教大学図書館が所蔵する洋装本500点を2013年度から3年間かけて段階的に保存修復しました。同館の貴重書群の劣化状態の調査や処置方針の決定、対象資料の選定ののち、保存容器への収納や「レッドロット現象」と呼ばれる表装の革の劣化修復、構造が壊れている本の修理などを行いました。レポートは豊富な写真と解説があり、洋装本のコレクションを収蔵している機関の方々に参考になる内容となっています。

 

㈱資料保存器材「スタッフのチカラ」のページ:

http://www.hozon.co.jp/report/post_10503

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ㈱資料保存器材がウェブサイトの「スタッフのチカラ」に洋装貴重書に対する保存修復手当のレポートを掲載

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1155

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事