和紙文化研究会が第23回和紙文化講演会の概要をアップ

indexa151005.jpg

 

下記の通り開催されます。お申し込みなど詳細は後日発表の予定だそうです。

 

2015年度 第26回和紙文化講演会(予定)

期 日: 201511月7日(土) 10001700

会 場: 東京藝術大学

テーマ: 「 明らかになってきた 古文書・古典籍の料紙

 

講演内容と講演者

     杉原紙から奉書紙へ―古文書料紙の系譜論―」

富山大学名誉教授 富田 正弘 氏

     料紙を形成する繊維について」

(一社)高知県製紙工業会 紙産業特別技術支援員 原 啓志 氏

     和紙の表面観察による繊維調査法」

和紙研会員 女子美術大学特別招聘教授 宍倉 佐敏 氏

(質問及び繊維映像担当:吉野敏武氏と日野楠雄氏)

④「料紙繊維の非破壊調査について撮影機器とその使用法

東京国立博物館保存修復課長 高橋 裕次氏

    古文書・古典籍の料紙素材近年の料紙調査の報告から

和紙文化研究会 増田 勝彦 副会長

 

和紙講演会のページ:

http://washiken.sakura.ne.jp/admission/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 和紙文化研究会が第23回和紙文化講演会の概要をアップ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1137

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事