シンポジウム「200年先の文化財を私たちは守れるのだろうか~文化財補修用材の持続的な確保について~」を開催。申し込み締め切り迫る

indexa151022.jpg

 

文化財補修用の木材の確保をテーマに下記の通りシンポジウムが開催されます。参加費無料、定員300名(応募者多数の場合は抽選)です。お申込みの締め切りは20151025日(日)必着。

 

日時: 2015118日(日) 133016401230受付)

会場: 立命館朱雀キャンパスホール

 

シンポジウム

基調講演: 「20年先でも危ない文化財(!)」

        後藤 治(工学院大学常務理事 建築デザイン学科教授)

        「林業経営の困難性~吉野林業の現状」

        岡橋清元(吉野・清光林業株式会社取締役会長)

女房語り: 「京ことばで聞く源氏物語「六条院」」

       山下智子(女優)

パネルディスカッション:

       「文化財 つなげることの難しさ」

       パネラー 後藤 治(工学院大学常務理事 建築デザイン学科教授)

              西 中道(石清水八幡宮禰宜)

              速水 亨

      コーディネーター 加藤鐵夫(日本水質バイオマスエネルギー協会 副会長)

 

お申込み詳細は:

http://tomorrows-kyoto.jp/index.php/nocat/2015/2904/

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シンポジウム「200年先の文化財を私たちは守れるのだろうか~文化財補修用材の持続的な確保について~」を開催。申し込み締め切り迫る

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1147

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事