講演会「紙の可能性 過去~現在~未来」を開催 -神奈川県立川崎図書館にて

KL NEWS 150902.jpg


神奈川県立川崎図書館は、科学と産業に特化した図書館で全国でも個性的な公共図書館です。

一年を通して様々なイベントを行っていますが、8/14(金)~11/11(水)の日程で『機能紙』を中心に紹介するミニ展示「ハイ パフォーマンス ペーパー ~進化する紙~」を開催中です。http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/osirase15013.htm

今回、展示に合わせ「紙」に関する講演会が下記の通り行われるそうです。

定員は50名、受付は915日(火)締め切りです。

 

講演名:   ミニ展示関連講演会

「紙の可能性 過去~現在~未来」

講 師:   江前 敏晴氏(筑波大学生命環境系 教授)

日 時:   平成27927日(日) 14001600

会 場:   神奈川県立川崎図書館2階ホール

定 員:   50名(応募者多数の場合は抽選)

募集期限: 平成27915() 必着

(定員に満たない場合は前日まで受付)

参加費:   無料

 

江前氏は日本では数少ないペーパーサイエンティストです。

講演の内容は、古い書籍の劣化を防いだり、津波や洪水などの水害に被災した文書を修復する紙の保存学、紙のリサイクルの現状、紙と印刷を使って健康診断チップや発電機を創り出すペーパーエレクトロニクスについてです。

 

お申込み詳細は:

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/osirase15012.htm

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 講演会「紙の可能性 過去~現在~未来」を開催 -神奈川県立川崎図書館にて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1096

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事