国際京都学シンポジウム第2回「東寺百合文書の現在と未来」を開催

20150919_kyotogaku-sympo.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 20151012日(月・祝) 13:0016:30 

会場: 京都府立大学 稲盛記念会館104講義室

定員: 200名(当日受付・先着順、参加費無料)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

基調講演 「世界の中の東寺百合文書」

 ブライアン・ルパート/イリノイ大学 准教授

講演 1 「文化資源としての東寺百合文書」

 井口 和起 /京都府立大学 名誉教授、京都府立総合資料館 顧問

講演 2 「東寺百合文書研究のこれから─新たな地平をふまえて」

 高橋 敏子/東京大学史料編纂所 教授

ワークショップ 「みんなの東寺百合文書」

 横内 裕人/京都府立大学文学部 准教授

 小森 浩一/京都府立総合資料館歴史資料課 資料主任

 

主 催: 京都府、舞鶴市、京都府立大学、京都新聞

後 援: 共同通信社京都支局、NHK京都放送局、

史学研究会、日本古文書学会、日本史研究会、東京大学史料編纂所

助 成: 文化庁 平成27年度 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.pref.kyoto.jp/bunsei/news/20150919_kyotogaku-sympo.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国際京都学シンポジウム第2回「東寺百合文書の現在と未来」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1121

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事