東北大学災害科学国際研究所が「平成26年度特定プロジェクト研究成果報告会」開催

press20150706-02.jpg

 

下記の通り開催されます。お申し込みは不要です。

 

「平成26年度特定プロジェクト研究成果報告会」

日時: 2015712日(日) 9:0017:00

会場: 東北大学青葉山新キャンパス 災害科学国際研究所棟

 

プログラム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8:30 開場

9:00 9:10 開会の挨拶(災害科学国際研究所 所長・今村文彦)

9:1011:50 口頭発表(午前の部6件)

11:5012:50 昼食休憩

12:5014:00 ポスターセッション・コアタイム(70, 87件)

         ※発表者がポスターの前に立ってご説明します.

14:0016:40 口頭発表(午後の部,6件)

16:4017:00 閉会の挨拶(災害科学国際研究所 副所長・奥村誠)

 

口頭発表の内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 広域被害把握・調査・解析に基づく被災地状況マッピングチームの創成

    災害リスク研究部門 越村 俊一

2. 日本・東南アジアの豪雨・台風被害の減災に向けた実践防災学的アプローチ

    災害リスク研究部門 呉 修一

3. 災害を生きる力とは?―8因子の認知脳科学的分析

    人間・社会対応研究部門 杉浦 元亮

4. ゲームを用いた災害教育の開発とその国際応用-どこでも・だれでも・たのしくできる実践的防災学の展開-

    人間・社会対応研究部門 野内 類

5. 石巻市(市街地部)の再・創生のための研究及び実践活動

    情報管理・社会連携部門 小野田 泰明

6. ニュージーランド・ヒクランギ沈み込み帯のプレート間相対運動の収支

    災害理学研究部門 日野 亮太

7. 東北地方太平洋沿岸域における段丘・埋没地形の分布高度・編年に基づく長期地殻変動の復元と巨大海溝型地震にともなう歪みの蓄積・解放過程の解明

    災害理学研究部門 丹羽 雄一

8. 災害に強い保健・医療供給体制に関する連携研究

    災害医学研究部門 江川 新一

9. エビデンスに基づいた災害精神医学の確立

    災害医学研究部門 富田 博秋

10. 研究所の実践的防災学の知見を国際防災政策に反映させるための研究

    情報管理・社会連携部門 小野 裕一

11. 被災地の女性が健康を維持するために:子宮がん検診受診率回復への方策と、災害後起こり得る女性疾患の検証

    災害医学研究部門 伊藤 潔

12. 「みちのく震録伝」の震災アーカイブ利活用基盤システムの構築と実践

    情報管理・社会連携部門 柴山 明寛

 

詳細は:

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/07/press20150706-02.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東北大学災害科学国際研究所が「平成26年度特定プロジェクト研究成果報告会」開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1059

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事