史料保存利用問題シンポジウム「地域史料に未来はあるか?―史料の保存利用と地域のアイデンティティ―」を開催

article150511.jpg

 

下記の通り、シンポジウムが開催されます。

 

タイトル: 史料保存利用問題シンポジウム「地域史料に未来はあるか?―史料の保存利用と地域のアイデンティティ―」

 

日 時: 2015627日(土)13301730

会 場: 駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館204教場

主 催: 日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会

日本学術会議史学委員会 歴史資料の保存・管理と公開に関する分科会

後 援: 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(予定)・日本アーカイブズ学会

次 第

開会挨拶: 若尾政希(日本学術会議連携会員 一橋大学教授)

報 告

• 小林 准士(島根大学法文学部教授)

「島根県における地域資料をめぐる現状と保存問題」

• 添田  仁(茨城大学人文学部准教授)

「過疎化する地域の歴史遺産-茨城史料ネットの活動を通して-」

• 和崎光太郎(京都市学校歴史博物館学芸員)

「学校所蔵史料の保存と活用―京都市を事例として―」

全体コメント

 

•高埜利彦(日本学術会議会員 学習院大学教授)

閉会挨拶:廣瀬良弘(日本歴史学協会会長 駒澤大学学長)

 

お申込み詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=213

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 史料保存利用問題シンポジウム「地域史料に未来はあるか?―史料の保存利用と地域のアイデンティティ―」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1014

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事