新着文献 『災害に学ぶ―文化資源の保全と再生』 木部暢子編

saigai150419.jpg

 

本書は、人間文化研究機構の連携研究プロジェクト「大規模災害と人間文化研究」がもとになっています。編者は国立国語研究所教授です。おもに、20113月の東日本大震災以降に行われた、同プロジェクトの講演やレスキュー活動などが述べられています。

 

人間文化研究機構:

国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館、国立国語研究所、国立民族学博物館、総合地球環境学研究所、国際日本文化研究センターの6つの機関が所属しています。

http://www.nihu.jp/

 

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき 木部暢子

第一部    震災を知る

講演 津波を越えて闇から光へ 山浦玄嗣

第二部    死者との対話

生者の記憶、死者との対話 林 勲男

「無名の死者」の捏造

―阪神・淡路大震災のメモリアル博物館における被災と復興像の演出の特徴 寺田匡宏

第三部    文化財をレスキューする

文化財レスキュー活動を展示する

―文化財レスキュー活動を通した地域の多元的ネットワークと博物館 葉山 茂

文化財レスキューと生活文化の再創造

―気仙沼少々汐オオイの事例から 小池淳一・川村清志

生活文化の記憶を取り戻す

―文化財レスキューの現場から 日髙真吾

東日本大震災における被災文書の救助・復旧活動 青木 睦

第四部    過去から未来へ

昭和三陸津波後の集落に見るコンパクトな復興 岡村健太郎

多文化共生社会における外国人支援

―災害時・通院時のマニュアル作成を通して 金愛蘭

民間所在資料保全の過去・現在・未来 西村慎太郎

執筆者プロフィール

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『災害に学ぶ―文化資源の保全と再生』 

編者: 木部暢子

発行所: 勉誠出版株式会社

http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100450

発行日: 2015331

判型: 四六判・上製 256

定価: 3,200円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新着文献 『災害に学ぶ―文化資源の保全と再生』 木部暢子編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1003

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事