印刷博物館と東京大学附属図書館がシンポジウム「図書館再生―なぜ図書館は生まれ変わるのか」を開催

2828.jpg

 

印刷博物館(東京都文京区水道)で2015425日(土)から開催される「ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ書物がひらくルネサンス」に合わせ、東京大学にて下記の通りシンポジウムが開催されます。

 

開催日時: 2015425() 14:0017:30

会場: 東京大学情報学環福武ホールB2F ラーニングシアター

登壇者: チェーザレ・パジーニ(ヴァチカン教皇庁図書館館長)

パオロ・ヴィアン(ヴァチカン教皇庁図書館写本部長)

アダルベルト・ロト(ヴァチカン教皇庁図書館印刷本部長)

石田英敬(東京大学大学院総合文化研究科教授/附属図書館前副館長)

樺山紘一(印刷博物館館長)

 

料金: 1,000(当日会場にてお支払い)

事前申込制(先着順) 定員200 *定員に達し次第締切 (残席わずか)

 

お申込み詳細は:

http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/2828

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 印刷博物館と東京大学附属図書館がシンポジウム「図書館再生―なぜ図書館は生まれ変わるのか」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/995

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事