日本能率協会が『第1回文化財保存・復元技術展』の特別セミナープログラム第一弾を発表

indexc150302.jpg

 

下記の通り『第1回文化財保存・復元技術展』が開催されますが、特別セミナーとして4本のプログラムが決定しました。聴講無料ですが、申込み受付けは6月上旬の予定とのことです。

 

会期: 2015722(水)~24(金) 10001700

会場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東ホール内

主催: 一般社団法人日本能率協会

企画協力: 中外日報社

 

(特別セミナー)

722日(水) 「『富岡製糸場と絹産業遺産群』世界遺産登録までの軌跡」

  群馬県 企画部 世界遺産課 人選依頼中

 

723日(木) 「世界遺産・平等院鳳凰堂 平安と現代の止揚

  ~神居住職が語る文化財保存への思い~」

  平等院鳳凰堂 住職 神居 文彰 氏

 

724日(金) 「世界文化遺産・国宝姫路城

  ~平成の大修理に見る文化財保護の次世代モデル~」

  姫路市 産業局 姫路城総合管理室 姫路城改修担当 小林 正治 氏

 

724日(金) 「メッセージを放つ地域文化遺産~地方発の保存・伝承の新スタイル~」

  元東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

  専任講師・研究員 岡田 靖 氏

(プログラムは今後変更になる可能性があるそうです)

 

詳細は:

http://www.jma.or.jp/bunka/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本能率協会が『第1回文化財保存・復元技術展』の特別セミナープログラム第一弾を発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/964

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事