2015年3月アーカイブ

indexb150331.jpg

 

本年の文化財保存修復学会は京都工芸繊維大学で開催されます。

 

会期: 2015627日(土)・28日(日)

会場: 京都工芸繊維大学 センターホール

    (京都市左京区松ヶ崎橋上町)

概要: 

総会 2015628日(日) 京都工芸繊維大学 センターホール

機器展示 2015627日(土)・28日(日) 京都工芸繊維大学60周年記念館ほか

特別行事 2015627日(土) 

特別講演16301730

「京都工芸繊維大学美術工芸資料館の活動近代美術工芸の保存と展示

  並木誠士(京都工芸繊維大学工芸科学研究科教授/美術工芸資料館長)

展覧会(美術工芸資料館にて)

1階「京都高等工芸学校と京都市美術工芸学校の図案教育Ⅱ」(仮称)

2階「オリンピック・ポスター展」(仮称)

 

■参 加 費

  員 (一般)事前振込3,000円 当日4,000

  員 (学生)事前振込2,000円 当日3,000

非会員  (一般)事前振込6,000円 当日7,000

非会員  (学生)事前振込3,000円 当日4,000

賛助会員 3人まで、事前振込各3,000円 当日4,000

1団体) 4人目から 事前振込各6,000円 当日各7000

 

■懇親会  

2015627日(土) 18002000(予定) (京都工芸繊維大学「カフェテリア オルタス」)

会費 事前振込  4,500円(一般) 3,500円(学生) 当日支払い 5,500円(一般) 4,500円(学生)

 

詳細は:

https://jsccp.or.jp/taikai37/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  syousai150331.jpg

 

 

下記の通り開催されます。記念講演と懇親会は非会員でも参加できますが有料です。

 

日 時: 2015529日(金)

14:0015:15 会員総会

15:3017:00 記念講演

17:1518:45 懇親会

 

場 所: 日本教育会館 喜山倶楽部(9階)

東京都千代田区一ツ橋262

道案内専用電話 0332302833

内 容:

会員総会 14:0015:15 

記念講演 15:3017:00    

 講師 小出いずみ(渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター長)

 演題 「供給は需要を作る―実業史研究情報センター物語―」(仮題)

懇親会  17:1518:45 

懇親会費は3000円(当日受付)

 

料 金

会員: 無料、ただし懇親会に参加の場合は懇親会費3000円/

一般:記念講演1000円懇親会3000

 

お申込み詳細は:

http://www.baa.gr.jp/syousai.asp?id=317

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150331.jpg

 

下記の通り開催の予定です。

 

大会テーマ「未来を開く、記録情報資源の管理と利活用 ~地域・情報・公文書の課題を考える~」

期 日 :  2015年 5 22()23()

会 場 : 香川県 丸亀市民会館 2階 第23会議室       

 

521()

事前見学のコースを準備中

 

522()

特別講演①

「 なぜ日本では記録管理・アーカイブズが根付かないのか 

~その要因と処方箋を考える~ 」

  講 師:   小谷 允志氏 (㈱出版文化社アーカイブ研究所長)

特別講演②

「 地域情報資源の利活用における地方議会・議員の役割 

~議会活動における事例報告~ 」

  講 師:   福 部 正 人 氏 (丸亀市議会議員)

 

523() 

研究発表

参加費 :  

 会 員   1000(事前振込) 1500(当日払)    

 非会員 2000(事前振込) 2500(当日払)

(含資料代)   学 生  1000(事前振込)1500(当日払)     

懇親会費 :   5000(事前振込)6000(当日払)

宿  泊:   各 自 (旅行会社のパックなど早めの申込みをお薦めします)

 

詳細は:

http://www.rmsj.jp/2015/03/26/開催日時決定-記録管理学会2015年研究大会/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

post_9805.jpg

 

㈱資料保存器材のサイトの「スタッフのチカラ」にRandy Silverman"The Seven Deadly Sins of Disaster Recovery"の邦訳が掲載されました。日本語のタイトルは「図書館・アーカイブズの災害復旧における七つの大罪」です。著者のRandy Silverman氏は米国ユタ大学マリオット図書館の資料保存担当のライブラリアンです。彼は1978年から資料保存の分野で活躍し、被災した機関を支援するだけでなく、資料保存のプログラムの開発なども行っています。図書館の資料保存に貢献した人に与えられる"Banks/Harris Preservation Award"をはじめとして数々の受賞もしています。

 

シルバーマン「図書館・アーカイブズの災害復旧における七つの大罪」:

http://www.hozon.co.jp/report/post_9805

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc150326.jpg

 

独立行政法人国立文化財機構 文化財防災ネットワーク推進本部(台東区上野公園)がウェブサイト「文化財防災ネットワーク」を開設しました。文化財の防災・救援業務に関する研究や情報収集、指導や助言、研修をはじめとして、被災文化財の安定化処置や修理、有事における防災・救出ネットワークの構築や国際連携などを事業内容としているとのことです。

 

詳細は:

http://ch-drm.nich.go.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

post-157.jpg

 

滋賀県守山市にある佐川美術館が企画展『放浪の天才画家 山下清展』を201543日(金)より開催します。会期中に絵画保存修復家の岩井希久子さんの講演会が開かれます。岩井氏は山下清の作品の修復も手がけました。事前申込みは不要、定員は先着100名で聴講料は無料ですが入館料(当日一般1000円)が必要です。。

 

展覧会: 『放浪の天才画家 山下清展』

会期: 201543日(金)~614日(日)

会場: 佐川美術館

 

記念講演: 「修復家が見た天才・山下清の魅力」

日時: 2015426日(日) 1400

講師: 岩井希久子氏(絵画保存修復家)

会場: 佐川美術館特別展示室

 

詳細は六耀社のページで:

http://www.rikuyosha.co.jp/news/2015/03/post-157.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150326.jpg

 

東京文化財研究所は2009年にキッズページを開設しましたが、今回リニューアルし、研究所の仕事紹介のほか、パズルのページなどが増えました。パズルの「上級」は大人も楽しめる難問です。

 

詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/kids/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

strategicplan-planstrategique-eng.jpg

 

CCICanadian Conservation Institute:カナダ保存研究所)がカナダの重要な遺産の保全活動のために研究開発や専門家によるサービス提供、知識の共有などを目標に2015-2020年の戦略計画を発表しました。プラスチックやエレクトロニクス製品などの現代的素材の研究や予防的保存、カナダの歴史遺産の保全などが計画に入っています。

 

詳細は(英語):

https://www.cci-icc.gc.ca/about-apropos/strategicplan-planstrategique-eng.aspx

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5586.jpg

 

IIC(International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works:国際文化財保存学会)のロサンゼルス大会は2016912日(月)~16(金)に開催予定、募集論文の締め切りは2015615日(月)とのことです。

 

詳細は(英語):

https://www.iiconservation.org/node/5586

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index150320.jpg

 

日本では、図書館や博物館は全国に普及していますが、公文書館は都道府県で8割以上、政令市では半数に設置ということで、開館はまだこれからという自治体もあります。本書は自治体が公文書館機能を整備するための手引書として作成されました。各自治体の実情により公文書館の成立はさまざまなため、全国の公文書館から22館の事例を紹介しています。

 

 『電子版 公文書館機能ガイドブック 地域の記録を次世代につなぐために』

 

編集: 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 調査・研究委員会

発行日: 2015320日送信開始

判型: A479

下記ページからダウンロードできます。

http://www.jsai.jp/kanko/guidebook/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

archives150320.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費は無料です。

 

(期間)

長期コース(東京会場)

平成27721日(火)~87日(金)、平成27824日(月)~911日(金)

短期コース(三重会場)

平成271116日(月)~1121日(土)

 

(会場)

長期コース:国文学研究資料館

短期コース:三重県総合博物館

 

(申込資格)

大学院在学中又は大学卒業以上の学歴を有する人で、アーカイブズ学に強い関心を持つ者。(2)文書館などの歴史資料保存利用機関をはじめとして、官公署・大学・企業等の文書担当部局及び歴史編纂部局、又はアーカイブズを取り扱う必要のあるその他の組織に勤務し、アーカイブズの収集・整理・保存・利用等の業務に従事している者。

 

(定員)

長期コース30(特別聴講若干名を含む)

短期コース35

※いずれも定員を上回る応募があった場合は選考を行います。

 

お申込み詳細は:

http://www.nijl.ac.jp/pages/event/seminar/2015/archives.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  iccromeseminer.jpg

 

ICCROM (International Center for the Study of the Preservation and Restoration of Cultural Property:国際文化財保存修復センター)による文化遺産と危機管理の国際研修(ICT)が日本で開催されます。研修は英語で行われます。応募の締め切りは201549日(木)です。研修はトヨタ財団の助成により実現するものです。

 

会期: 2015912日(土)~28日(月)

会場: 京都・神戸・東北地方など。

主催: 立命館大学 歴史都市防災研究所

共催: ユネスコ世界遺産センター、

ICOMOS/ICORP(International Council on Monuments and Sites/International Committee on Risk Preparedness:国際記念物遺跡会議/危機管理に関する国際会議)

 

詳細は(英語):

http://www.iccrom.org/itc-on-disaster-risk-management-of-cultural-heritage-ritsumeikan-university/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

blog-entry-112.jpg

 

下記の通り開催されます。お申込み締め切りは318日(水)です。参加費無料。

 

期  日: 2015321日(土・祝) 1315 開会

会  場: 成田市立図書館 視聴覚ホール

千葉県成田市赤坂1-1-3 tel0476-27-4646

内  容:  

 (1) 「印史協20年の歩みについて」

    ...印旛郡市地域史料保存利用連絡協議会事務局 

 (2) 「埴生郡域の小学校創設について」

    ...元成田市編さん委員 神尾 武則氏 

 (3) 記念講演「アーカイブズの編成と記述」

    ...東京大学文書館 准教授 森本 祥子氏

施設見学 成田市下総歴史民俗資料館

       成田市高岡1500 tel 0476-96-0080

  企画展「下総地区4小学校の歩み~滑川・小御門・名木・高岡小学校~」

    *午前10時に現地集合。    

     なお、視察につきましても、どなたでも参加できます。

 

お申込み詳細は:

http://chibasiryounet.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

63010100029.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料ですが事前申し込みが必要です。定員90名(先着順)。

 

期日: 2015321日(土曜日・祝日) 13301600

会場: 十日町情報館 視聴覚ホール

(〒948-0072 新潟県十日町市西本町2丁目1番地 電話:025-750-5100

 

内容

報告 「十日町市古文書整理ボランティア10年のあゆみ」と発刊報告(30分)

 高橋由美子(十日町市古文書整理ボランティア事務局)

 

記念講演1  「災害と文化財レスキュー ~阪神淡路大震災から東日本大震災まで」(60分)

 日高真吾(文化財保存修復学会理事・国立民族学博物館准教授)

 

記念講演2  「十日町市古文書整理ボランティアとの資料整理作業」(30分)

 伊達仁美(京都造形芸術大学教授) 

 

お申し込みは:

http://www.city.tokamachi.niigata.jp/page/63010100029.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

055.jpg

 

国立公文書館が発行している情報誌「アーカイブズ」第55号(pdfフォーマット)が同館サイトにアップされました。

特集の国際交流では、国際公文書館会議の参加記やイギリス国立公文書館視察報告、201412月に北京で開催されたEASTICA(国際公文書館会議東アジア支部)の理事会とセミナーの参加報告などが掲載されています。

国内での動向は、常陸大宮市文書館や松本市文書館の新館、武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館などの開館情報などが載っています。

 

(その他報告の中から)次回のEASTICAは、今年の10/13(火)~16(金)まで日本の福岡市で予定、ICA(国際公文書館会議)大会は2016年9月5日(月)~11日(日)に韓国ソウルで開催とのことです。

 

アーカイブズ第55号:

http://www.archives.go.jp/about/publication/archives/055.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

annteikashori.jpg

 

本書は、2011311日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴い大津波に被災した文化財の安定化処理技術を確立するまでの記録です。東京国立博物館で開催されている特別展「3.11大津波と文化財の再生」(会期:2015114日(水)~315日(日))に合わせて発行されました。

 

海水に浸かった文化財は、海底のヘドロ、様々な雑菌類、塩類などにまみれているため、急激な劣化の恐れがあります。救出された文化財は、本格的な修理の前にクリーニングをして劣化を止める「安定化処理」が必要です。

たとえば、被災した紙の文化財の「安定化処理」は、固着した泥を除き、除菌処理や海水に浸かった塩分の除去などを行い、劣化を食い止めることができます。

 

塩分を含んだ文化財の安定化処理技術については文献が少ないため、より広く多くの人たちの研究に活用してもらえるよう、英文も併記しています。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに

第1章      東北地方太平洋沖地震と大津波被害

(1) 東北地方太平洋沖地震と大津波

(2) 文化施設および文化財の被災状況と復興への取り組み

第2章      被災資料の救援活動

(1) 救援活動の推移

(2) 救援活動における課題

第3章      岩手県陸前高田市における救援活動

(1) 文化施設の被災状況

(2) 被災資料の救出活動

(3) 被災した資料の保管

第4章      安定化処理と修理

(1) 紙を素材とする文化財の安定化処理

(2) 文化財の安定化処理および修理

(3) 自然史標本の安定化処理および修理

第5章      展示資料解説

引用文献・参考文献

おわりに

東日本大震災文化財関連刊行物等一覧

執筆者一覧

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 『安定化処理~大津波被災文化財保存修復技術連携プロジェクト~』 

 

編集:

津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会、赤沼英男・鈴木まほろ(岩手県立博物館)

 

発行者:

津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会

公益財団法人 日本博物館協会

ICOM日本委員会

 

発行日: 20141226

判型: A4254ページ

価格: 1,500円(税込)

https://www.tnm-shop.jp/products/detail.php?product_id=693

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexaa150303.jpg

 

国立公文書館が新広報誌『国立公文書館ニュース』を創刊しました。本館とつくば分館にて(8ページ程度の)冊子を配布するほか、ウェブサイトでもオンライン版を公開、pdfでも読むことができます。

4回の刊行を予定しているそうです。

 

創刊号の主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Special 橋を架けた大統領「JFK-その生涯と遺産」展

Archivist Interview アーキビストの仕事にせまる! 第1回「特別展ができるまで」

刊行挨拶 国立公文書館ニュース発刊に「よせて 館長 加藤丈夫

連載 花押と顔「伊藤博文」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『国立公文書館ニュース』創刊号:

http://www.archives.go.jp/naj_news/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

article150302.jpg

 

日本アーカイブズ学会2015年度大会は下記の通り開催されます。大会の事前申し込みは不要ですが、見学会は事前申し込みが必要です。

 

日時: 2015425日(土)・26日(日)

会場: 東京大学大学院経済学研究科学術交流棟(小島ホール)

東京メトロ丸の内線・都営地下鉄本郷三丁目駅下車徒歩5分)

主催: 日本アーカイブズ学会

後援: 東京大学経済学図書館

参加費: 会員500円、非会員1,000

 

プログラム: ※タイトル、時間、会場等は変更となることがあります。

425日(土) 受付開始12:30 (会場:2階小島コンファレンスルーム)

総会 13:0015:00 *会員の方のみが参加できます

講演会 15:3016:30

加藤丈夫(国立公文書館長)

「時を貫く記録を守る-これからのアーカイブズの課題-」

懇親会 17:0019:00(会場:伊藤国際学術センター2階・ファカルティクラブ)

 

*また、10:3011:30に、東京大学経済学部資料室の見学会を行います(定員20名)。参加を希望される方は、417日(金)までに、学会事務局に電子メール(officejsas.info)でお申し込み下さい。

 

426日(日)受付開始9:00

自由論題研究発表会 9:3012:20

会場1 (場所:1階第2セミナー室)

 

橋本陽、元ナミ

「オープンソースの利用と検討:AtoMArchivematicaの仕組みと地方アーカイブズの実践例」

 

古賀崇

「「トータル・アーカイブズ」論再考:政府情報アクセスの意義を問い直すために」

 

蓮沼素子、大木悠佑、渡邊健

「自治体における公文書管理の現在-市民共有の知的資源としての公文書-」

 

平野泉

「アクセスの扉をこじあけて-伊方原発訴訟における文書提出命令申立の検討」

 

会場2 (場所:1階第1セミナー室)

 

齋藤歩

「アーカイブズ学に基づく建築レコードの評価選別について

――1980年代以降の北米の事例を比較する」

 

淺野真知

「日米公文書館と利用の促進-北米移民のルーツ調査の事例を中心に-」

 

坂口貴弘

「連合国軍総司令部による日本のアーカイブズ調査と米国国立公文書館」

 

平井孝典

19世紀フィンランドのアーキビスト・グロンブロード及びボマンソンと公文書管理の実務」

 

会場3 (場所:2階小島コンファレンスルーム)

 

中村江里

「軍事医学史とアーカイブズ・情報公開-旧日本陸軍病院病床日誌の事例から-」

 

前田克実、後藤基行、竹島正

「国立精神・神経医療研究センターにおけるアーカイブズ整備

-傷痍軍人武蔵療養所の診療録の事例から-」

 

久保田明子、佐藤裕哉

「原爆関連資料のアーカイブズ化における諸問題-広島大学原爆放射線医科学研究所所蔵京都帝国大学原爆調査班資料について-」

 

青木祐一、名村優子

「ブラジル日本移民関係資料をめぐる現状と課題:「移民アーカイブズ」の構築に向けて」

 

春木良且

「民間にある資料のアーカイブス化に向けた試み-商店街ライフログを通して高度成長期を知る-」

 

企画研究会 14:0017:00(会場:2階小島コンファレンスルーム)

 

テーマ「アーカイブズを学びに活かす」

 

坂井久能(神奈川大学)

「高校教育における戦争資料の活用を考える」

 

林美帆(公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団))

「公害資料館の利用拡大のための試み-西淀川・公害と環境資料館と公害教育-」

 

倉方慶明(東京外国語大学文書館)

「大学アーカイブズと自校史教育-大学アーカイブズの普及活動と役割-」

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=208

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc150302.jpg

 

下記の通り『第1回文化財保存・復元技術展』が開催されますが、特別セミナーとして4本のプログラムが決定しました。聴講無料ですが、申込み受付けは6月上旬の予定とのことです。

 

会期: 2015722(水)~24(金) 10001700

会場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東ホール内

主催: 一般社団法人日本能率協会

企画協力: 中外日報社

 

(特別セミナー)

722日(水) 「『富岡製糸場と絹産業遺産群』世界遺産登録までの軌跡」

  群馬県 企画部 世界遺産課 人選依頼中

 

723日(木) 「世界遺産・平等院鳳凰堂 平安と現代の止揚

  ~神居住職が語る文化財保存への思い~」

  平等院鳳凰堂 住職 神居 文彰 氏

 

724日(金) 「世界文化遺産・国宝姫路城

  ~平成の大修理に見る文化財保護の次世代モデル~」

  姫路市 産業局 姫路城総合管理室 姫路城改修担当 小林 正治 氏

 

724日(金) 「メッセージを放つ地域文化遺産~地方発の保存・伝承の新スタイル~」

  元東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

  専任講師・研究員 岡田 靖 氏

(プログラムは今後変更になる可能性があるそうです)

 

詳細は:

http://www.jma.or.jp/bunka/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150302.jpg

 

2015122日(木)国立国会図書館で開催された国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Europeanaと国立国会図書館サーチ」の議事録が公開されました。pdfで全39ページです。

 

議事録のページ:

http://iss.ndl.go.jp/information/2015/02/27_announce-2/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150302.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料ですが事前申し込みが必要です。お申込み締め切りは313日(金)です。

 

日時: 2015328日(土) 13201700

場所: 京都リサーチパーク 西地区4号館2

     〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町9094

主催: 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 研究資源共有化事業委員会

 

内容:

13:00 開場

13:20-13:50 「趣旨説明・歴史地震資料情報の集約と共有化」

人間文化研究機構 榎原 雅治氏

13:50-14:20  「地震関係考古資料のデータ化について(仮題)」

奈良文化財研究所 村田 泰輔氏

14:20-14:50  「歴史地震史料を用いた地理情報システムの構築に向けて」

東京大学地震研究所 西山 昭仁氏

14:50-15:00 休憩

15:00-15:30  「文理融合による災害研究と史料保全」

東北大学災害科学国際研究所 蛯名 裕一氏

15:30-16:00 「民間所在資料の課題と情報化」

人間文化研究機構国文学研究資料館 西村 慎太郎氏

16:00-17:00  総合討論

17:00 閉会 (17:30-19:00 情報交換会)

 

お申込み詳細は:

http://www.nihu.jp/events/2015/01/29/system/

(文責 秋田)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事