米国の画像工学研究所が省エネ型保存環境システムの最適化のための実験機関を募集中

project-partners-needed.jpg

 

米国の画像工学研究所(IPIImage Permanence Institute)は機械システムの最適化のための新しい方法を開発するための協力機関を求めています。対象は米国内の非連邦政府機関3機関とのことです。IMLS(The Institute of Museum and Library Services:博物館図書館サービス振興機構)の助成によるプロジェクトです。

 

実験は保存環境の包括的なガイドラインを作成するためのものです。協力者には、IPIが開発した環境データ管理や分析のためのツール"eClimateNotebook"や温湿度を連続的に測定・記録できる"PEM2®data loggers"USBフラッシュドライブなどが無償提供されます。

 

詳細は(英語):

https://www.imagepermanenceinstitute.org/environmental/project-partners-needed

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国の画像工学研究所が省エネ型保存環境システムの最適化のための実験機関を募集中

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/959

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事