放送開始90年記念・脚本アーカイブズ・シンポジウム『「脚本アーカイブズ」の新たなるステップへ-未来に向けた保存と利用』を開催

  20150318sympo.jpg

 

下記の通り開催されます。定員200名(先着順)、参加費無料です。

 

日時: 2015318日(水) 13301700 (1300開場)

会場: 国立国会図書館東京本館新館講堂

内容: 【座談会】 『継承されていく脚本の「魅力」~アーカイブの価値とは』

参加者: 三田佳子(女優)、嶋田親一(プロデューサー・元フジテレビ)、

中村克史(テレビプロデューサー・元NHK)、

      山田太一(脚本家・小説家)、

司会: 岡室美奈子(早稲田大学演劇博物館館長)

 

【パネルディスカッション】

『文化資源を活かすためのデジタルアーカイブとは?~脚本アーカイブズを中心に』

パネリスト: 高野明彦(国立情報学研究所教授)、福井健策(弁護士・日本大学藝術学部客員教授)、

        大場利康(国立国会図書館電子情報部電子情報企画課長)、

司会: 吉見俊哉(東京大学副学長)

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20150318sympo.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 放送開始90年記念・脚本アーカイブズ・シンポジウム『「脚本アーカイブズ」の新たなるステップへ-未来に向けた保存と利用』を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/930

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事