神戸史学会と歴史史料ネットワークが第10回地域史卒論報告会を共催

  index150221.jpg

 

下記の通り地域史卒論報告会が開催されます。事前申し込みは不要ですが資料代500円が必要です。

 

日時: 2015321日(土) 13:00

会場: 六甲道勤労市民センター

 神戸市灘区深田町4丁目139号メイン六甲

主催: 神戸史学会と歴史史料ネットワークの共催

 

報告者:

仁木将之「中世伏見荘における地下侍の存在形態―大名被官化とその背景―」

八木貴裕「近世中後期における水車業の展開と地域社会―摂津国八部郡の事例より―」

辻阪啓子「近世後期における河内国の豪農塩野家の読書や医者との交流」

古迫肇「明治初年大阪における蔵屋敷の推移と帰結」

 

詳細は:

http://siryo-net.jp/event/201503-10th-sotsuronhokokukai/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 神戸史学会と歴史史料ネットワークが第10回地域史卒論報告会を共催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/954

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事