大津波被災文化財 保存修復技術連携プロジェクト ワークショップ(東京会場)のプログラムが決定

index141217.jpg

 

1210日のブログでお知らせした、大津波被災文化財 保存修復技術連携プロジェクトのうち東京会場で開催されるワークショップのプログラムが決定しました。参加費無料、定員30名(このほかに10名まで傍聴可)で事前申し込みが必要です。

 

開催日: 2015130日(金)

会場: 東京藝術大学 美術学部 中央棟 第4講義室

 

プログラム:

1000~ 開会挨拶(神庭信幸)

1015~ 拓本など和紙資料の安定化処理について(鈴木晴彦)

1115~ 水彩画など洋紙資料の安定化処理について(米倉乙世)

1215~ 休憩

1330~ 文書資料の安定化処理について(及川甲子)

1600~ 質疑応答(稲葉政満、赤沼英男、熊谷 賢)

1645~ 閉会挨拶(半田昌之)

 

お申込み詳細は:

https://www.j-muse.or.jp/index.php#news

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大津波被災文化財 保存修復技術連携プロジェクト ワークショップ(東京会場)のプログラムが決定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/895

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事