公開シンポジウム「文化財を伝える―日本の保存技術が古代エジプトの文明の秘宝を救う―」を国立民族学博物館で開催

  index141202a.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申込制、参加費無料、定員300名です。

 

日時: 20141214日(日)13001630(開場1200

会場: 国立民族学博物館講堂

主催: 一般社団法人文化財保存修復学会

共催: 国立民族学博物館

後援: 文化庁・日本文化財科学会・独立行政法人国際協力機構(JICA)・一般社団法人国宝修理装こう師連盟・読売新聞社

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1200開場

1300-1305開会挨拶(理事長)

1305-1345基調講演「エジプト文明の壁画を保存する」吹田浩(関西大学)

1345-1355休憩

1355-1415報告「GEM-CCへの技術支援プロジェクト」末森薫(国立民族学博物館)

1415-1435報告「民博の資料管理技術をエジプトで活用する」日髙真吾(国立民族学博物館)

1435-1455報告「エジプト文明の金属製品を科学する」藤澤明(帝京大学)

1455-1515報告「エジプト文明の染織品を保存する」石井美恵(東京文化財研究所)

1515-1525休憩

1525-1625パネルディスカッション「日本の保存技術が古代エジプト文明の秘宝を救う」

コーディネーター:園田直子(国立民族学博物館)

パネラー:吹田浩、末森薫、日髙真吾、藤澤明、石井美恵

1625-1630閉会挨拶(副理事長)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://jsccp.or.jp/sympo_minpaku/index.php

 (文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 公開シンポジウム「文化財を伝える―日本の保存技術が古代エジプトの文明の秘宝を救う―」を国立民族学博物館で開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/877

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事