国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Europeanaと国立国会図書館サーチ」を開催

20150122sympo.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申込制です。定員300名(先着順)でお申込み締め切りは2015120日(火)です。(日英同時通訳付き)

 

日時: 2015 122() 130017001230開場)

会場: 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂 

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1部 ヨーロッパの現在

・基調講演 「オープンデータの潮流とEuropeana

 東京大学大学院情報学環 特任講師 生貝 直人氏

・特別講演 「Europeanaの今後の展開:戦略計画2015-2020

 Europeana 執行委員、Collections Trust CEO ニック・プール氏

2部 日本の現在

・事例報告I 「国立国会図書館(NDL)サーチの今後の展開」

 国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課 課長補佐 小澤 弘太氏

・事例報告II 「連携機関から見たNDLサーチ:今後への期待」 「まほろばデジタルライブラリー/ゆにかねっとでの連携」

 奈良県立図書情報館 総務企画グループ主査 川畑 卓也氏

「東寺百合文書WEBとオープンデータ化」

 京都府立総合資料館 庶務課兼歴史資料課 福島 幸宏氏

J-STAGENDLサーチの現状と今後の展望」

 科学技術振興機構 知識基盤情報部 研究成果情報グループ 中島 律子氏

CiNiiNDLサーチの現状と今後の展望」

 国立情報学研究所 准教授 大向 一輝氏

3部 パネルディスカッション:「デジタル文化資源の収集・提供・活用の

未来」

・司会  同志社大学 教授 原田 隆史氏

・パネリスト

 Europeana ニック・プール氏

 東京大学大学院 生貝 直人氏

 国立情報学研究所 大向 一輝氏

 国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課長 木目沢 司氏

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20150122sympo.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Europeanaと国立国会図書館サーチ」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/899

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事