平成26年度東日本大震災アーカイブシンポジウム「-4年目の震災アーカイブの現状と今後の未来(世界)へ繋ぐために-」を開催

  sympo20150111.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費は無料で定員200名、事前申込制です。締め切りは1226日(金)1700です。シンポジウムの資料や動画などの一部は後日、国立国会図書館の東日本アーカイブで公開されるそうです。

 

日時: 2015111日(日)130017001230開場)

場所: 東北大学災害科学国際研究所棟1階多目的ホール

(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)(定員200名)

主催: 国立国会図書館、東北大学災害科学国際研究所

 

プログラム:

基調講演 「ディジタルアーカイブへの期待-時を超えてコミュニティをつなぐ」

 杉本重雄(筑波大学図書館情報メディア系教授図書館情報メディア研究科研究科長)

●事例報告

・「東日本大震災とデジタルアーカイブ-宮城県の取組から」

   熊谷慎一郎(宮城県図書館司書)

・「未来への減災メッセージ~「たがじょう見聞憶」が伝えたいこと~」

   小野史典(多賀城市総務部副理事・地域コミュニティ課長)

・「赤十字原子力災害情報センターデジタルアーカイブ」

   志波一顕(日本赤十字社事業局救護・福祉部災害対策企画室 赤十字原子力災害情報センター参事兼東日本大震災復興支援推進本部参事)

・「みちのく震録伝の3年間のあゆみと今後の展望について」

   柴山明寛(東北大学災害科学国際研究所准教授)

・「東松島市の取組み事例」 加藤孔敬(東松島市図書館副館長)

・「市民ひとりひとりがセンサーになる震災アーカイブ」

佐藤正実(NPO法人20世紀アーカイブ仙台副理事)

・「震災アーカイブの生涯学習施設的利活用」

   北野央(せんだいメディアテーク企画・活動支援室主事)

・「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」」

   諏訪康子(国立国会図書館電子情報部主任司書)

 

●パネルディスカッション(上記基調講演者及び事例報告者)

4年目の震災アーカイブの現状と今後の未来(世界)へ繋ぐために」

 

お申込み詳細は:

http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/sympo20150111

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成26年度東日本大震災アーカイブシンポジウム「-4年目の震災アーカイブの現状と今後の未来(世界)へ繋ぐために-」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/862

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事