日本能率協会が「文化財保存・復元技術展」の出展企業を募集開始。2015年夏に開催。

  index141126a.jpg

日本能率協会が主催する第一回「文化財保存・復元技術展」が2015年夏に開催される予定です。同協会は出展社を募集開始しました。展示会に関連したシンポジウムや研修会も併催予定です。同時に「産業インフラの維持管理」に関する総合展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2015」が開催され来場動員数が増える見込みとのことです。お申込み締め切りは2015320日(金)です。

 

会期: 2015722日(水)~24日(金)

会場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東ホール

主催: 一般社団法人 日本能率協会

 

出展対象:

日本の歴史的遺産を次世代に継承する技術や製品・サービスなどを提供するさまざまな企業。

来場対象:

神社・仏閣などをはじめとした文化財所有者や管理者、博物館や美術館、図書館などの文教施設関係者、伝統建築や土木建設の設計・監理・施工技術者など。

 

展示予定規模: 50社、100ブース

来場予定者数: 20,000名(同時開催展を含む)

出展料金(税込): 基礎ブースは、会員378,000円、会員外410,400円で、全出展社必須のバリューアップシステム料が154,000円掛かります。

 

詳細は:

http://www.jma.or.jp/bunka/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本能率協会が「文化財保存・復元技術展」の出展企業を募集開始。2015年夏に開催。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/864

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事