国立国会図書館の「カレントアウェアネス-E」が第11回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2014)の参加報告をアップ

  e1628.jpg

 

11回電子情報保存に関する国際会議(11th International Conference on Digital PreservationiPRES2014)が2014106日~10日までオーストラリアのメルボルンで開催され、関西館電子図書館課の本田伸彰氏が参加報告を書いています。

 

内容は、なぜ電子情報を長期保存しなければならないのか、に始まりオーストラリアやドイツ、米国など各国の最新の取組を紹介しています。

 

詳細は:

http://current.ndl.go.jp/e1628

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国立国会図書館の「カレントアウェアネス-E」が第11回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2014)の参加報告をアップ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/860

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事