IICが保存環境ガイドライン(暫定)を発表

5168.jpg

 

IIC(International Institute for Conservation: 国際文化財保存学会)の香港会議は926日(金)に閉幕し、IICは最終日に保存環境ガイドライン(暫定)についてICOM-CC*と共同宣言をしました。保存環境のガイドラインについては、2008年から検討が始まり、この915日(月)~19日(金)にオーストラリアのメルボルンで開催された第17回ICOM-CCにて起草されIICの香港会議でまとまったものです。

共同宣言の詳細は:

https://www.iiconservation.org/node/5168

 

The International Council of Museums Committee for Conservation: 国際博物館会議 保存国際委員会:

http://icom.museum/the-committees/international-committees/international-committee/committee-for-conservation/

 

IIC香港会議で配布された論文集"Studies in Conservation  HONG KONG CONGRESS SPECIAL ISSUE"によれば、博物館におけるコレクションの保存環境のうち温湿度については長い年月、厳格な数値を要求されてきたといいます。温度が20もしくは21℃±2℃で、湿度が50%RH±5%というものです。同書には、世界各国の博物館・美術館の温湿度管理条件が中間報告として載っています。

 

ちなみに、日本は展示環境の温度が冬期で22±2℃、夏期は26±2℃、湿度は四季を通じて50±10%RHでした。保存環境は、温度が冬期で20±2℃、夏期は26±2℃、湿度は年間を通じ52±5%RHでした。コレクションへのダメージは温度よりも湿度の方が大きいので「変温恒湿を目指す」という考え方です。

 

一方、近年では低炭素社会や再生可能エネルギーの模索など、博物館運営の持続可能性とコレクションの管理の問題から、国や地域、コレクションの種類などに現実的な温湿度環境が求められてきています。"Environmental Guidelines - IIC and ICOM-CC Declaration"(環境ガイドライン-IICとICOM-CCの共同宣言)によれば、"Sustainability and management"(博物館のサスティナビリティと環境管理)として下記の項目を挙げています。

 

・博物館のサスティナビリティの問題は、博物館資料の環境基準よりもはるかに大きなテーマで、将来の原則にとって重要な基礎となること。

・博物館や収集機関は、地球上の気候変動を緩和するために、エネルギー使用量の削減や代替再生可能エネルギーの研究をし、二酸化炭素の排出量や環境負荷の低減につとめること。

・博物館資料の保護には、空調(HVAC)を使わないで達成すること。(自然の力を生かす)パッシブコントロールを検討すべきであること。

・博物館の危機管理は、館の管理プロセスに組み込まれるべきであること。

 

博物館資料にはさまざまな材質があり、保存条件も複雑です。保存科学者はこれらの解決策を積極的に考えることが必要であるとともに、常設展示や保存の「ためのガイドラインは、地域の気候を考慮し達成可能なものにしなければならないと述べています。

 

世界に目を向けると、大半の博物館では空調が十分ではなく、コレクションの貸し出しにも先方の事情を考慮する必要があるということです。たとえ空調が十分でなくても、微気候(Microclimates)を管理することによってこれらの問題をクリアすることもできるといっています。

 

コレクションの貸し出しを前提とした既存のガイドラインは下記の通り。

■湿度に対して敏感なコレクションのBizot(主要67美術館のグループによる)ガイドライン

温度 1625℃、湿度 4060%RHで一日の変動が±10%RHであること

■一般的なコレクションのAICCM(The Australian Institute for The Conservation of Cultural Material: オーストラリア文化財保存協会)の推奨する温湿度条件

温度 1525℃一日の変動が±4℃、湿度 4555%RHで一日の変動は±5%RHであること

■AIC(The American Institute for Conservation of Historic and Artistic Works)の暫定ガイドライン

温度 1525℃、湿度 4060%RH

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IICが保存環境ガイドライン(暫定)を発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/829

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事