東京文化財研究所 研究会「これからの文化財防災―災害への備え」を開催

index141010.jpg 

東京文化財研究所が、平成25年度・26年度の文化庁委託事業「文化財(美術工芸品)等緊急保全・現況調査事業」の一環として開催する研究会です。参加費は無料ですが事前申込制。終了後の情報交換会(懇親会、自由参加)は有料(1,000円)です。お申込み締め切りは1128日(金)。

 

日時: 2014124日(木) 10:0017:30

場所: 東京文化財研究所セミナー室

プログラム:

挨拶 亀井伸雄(東京文化財研究所長)

10101130 セッション1 レスキュー後に得られた技術的知見と課題

          修復の課題 赤沼英男(岩手県立博物館)

          水損資料の処置 高妻洋成(奈良文化財研究所)

          放射能対策 佐野千絵(東京文化財研究所)

          記録に関する課題 森井順之(東京文化財研究所)

11301230 セッション2 モノを引き継ぐ-復興への道しるべ

          文化財ドクター派遣事業 関口重樹(文化庁文化財部参事官(建造物担当)付)

          埋蔵文化財調査 近江俊秀(文化庁文化財部記念物課)

          無形文化遺産の復興 吉田純子(文化庁文化財部伝統文化課)

13301430 セッション3 今後の備え1 自治体の文化財防災対策

          愛知県 村田眞宏(愛知県美術館)

          三重県 間渕 創(三重県総合博物館)

          和歌山 浜田拓志(和歌山県立近代美術館)

14451730 セッション4 今後の備え2 文化財関連団体

          パネルディスカッション

           コーディネーター 半田昌之(日本博物館協会)

          文化財保存修復学会 日高真吾(国立民族学博物館)

          全国美術館会議 村上博哉(国立西洋美術館)

          自然史系博物館 窪寺恒己(国立科学博物館)

          民俗・歴史系博物館 久留島 浩(国立歴史民俗博物館)

          史料館 青木 睦(国文学研究資料館)

          史料ネット 奥村 弘(歴史資料ネットワーク)

          国立文化財機構 岡田 健(東京文化財研究所)

          文化庁 朝賀 浩(文化庁文化財部美術学芸課)

研究会終了後に情報交換会(懇親会)があります。

 

お申込み詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/info/20141204/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京文化財研究所 研究会「これからの文化財防災―災害への備え」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/817

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事