全史料協関東部会が第277回定例研究会を開催

  kanto20141022.jpg

 

下記の通り開催されます。本研究会は7/11(金)に予定されていましたが台風で延期になったものです。参加費無料、定員40名、事前申込制です。研究会終了後に別途情報交換会(懇親会)も予定されています。

 

日時: 20141219日(金) 13301700 (1300受付開始)

会場: 埼玉県立文書館 講座室

テーマ: 「地方公文書館実務の諸課題-レファレンス業務、資料防災の現在-」

      【第1部】地方公文書館におけるレファレンス事業の展開

        「尼崎市立研究史料館のレファレンス事業について」

           久保庭 萌氏(尼崎市立地域研究史料館)

        「レファレンス事業に関わる館内業務システムの構築とその運用」

           西村  豪氏(尼崎市立地域研究史料館)

      【第2部】地方自治体における資料防災について

        「埼史協専門研報告書『地域史料の防災対策』について」

           長谷川清一氏(埼史協幹事)

 

お申込み詳細は:

http://www.jsai.jp/iinkai/kanto/kanto20141022.html

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 全史料協関東部会が第277回定例研究会を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/852

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事