シンポジウム「多摩地域の博物館・資料館・美術館における防災と地域連携」を開催

 

?UserID=par&formid=332.jpg

 

東京都三多摩公立博物館協議会・国文学研究資料館3研究グループが共催で下記の通り、シンポジウム「多摩地域の博物館・資料館・美術館における防災と地域連携」が開催されます。参加費無料ですが事前申し込みが必要です。(お申込みの受付は913日(土)1000から開始)

 

日時: 20141030日(木) 13001700

会場: 国文学研究資料館大会議室(立川市緑町10-3

定員: 120

対象: 多摩地域の博物館等にかかわる方(個人・行政・大学関係者含む)

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「多摩地域の地震と地盤災害 ―立川断層帯と首都直下地震の最新情報―」

  :鈴木毅彦氏(首都大学東京都市環境学部地理環境コース教授)

「民間所在資料の保全、過去・現在・未来」

  :西村慎太郎氏(国文学研究資料館准教授)

「多摩の学芸員が関わっている文化財レスキュー ―栄村における地域史料保全有志の会の事例から―」

  :高橋健樹氏(武蔵村山市立歴史民俗資料館学芸員)・安齋順子氏(くにたち郷土文化館学芸員)

「静岡県博物館協会の防災への取組」

  :新田建史氏(静岡県博物館協会事務局員)

パネルディスカッション

  :コーディネーター 青木睦氏(国文学研究資料館准教授)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=par&formid=332

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シンポジウム「多摩地域の博物館・資料館・美術館における防災と地域連携」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/798

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事