情報保存研究会(JHK)が第8回資料保存シンポジウムを開催

index140911.jpg

 

情報保存研究会(JHK)が第8回資料保存シンポジウムを開催します。本年のテーマは、「資料の保存とデジタルアーカイブについて―現在の取り組み、今後の課題―」です。

参加費は無料、定員300名、お申込み締め切りは1014日(火)です。

 

 

日時: 20141020日(月) 9501800(受付920

会場: 東京国立博物館 平成館

     110-8712 東京都台東区上野公園13-9

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■特別講演  9:5510:40

「東京都立図書館資料防災マニュアルについて」

   東京都立中央図書館資料保全専門員 眞野節雄氏

■特別講演 10:5011:35

「災害を前提とした文化財保護対策の構築―日本学術会議提言によせて」

   熊本大学文学部教授 木下尚子氏

■特別講演 13:1514:00

「文化財未指定の古文書修復の必要性―具体的対応と問題点について―」

   涛声学舎 舎主(元敦賀短期大学教授)多仁照廣氏

・資料保存実用講座その1 14:1015:30

・企業展示           15:3016:10

・資料保存実用講座その2 16:1017:30

 

資料保存実用講座では、12社が最新の製品や技術、サービスなどを紹介します。

企業展示は15社が参加します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.e-jhk.com/html/index.html

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 情報保存研究会(JHK)が第8回資料保存シンポジウムを開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/804

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事