11/8(土)開催、大仙市の公文書館啓発シンポジウムの内容が決定

indexa140910.jpg

 

当ブログにすでに掲載しましたが、秋田県大仙市の公文書館啓発シンポジウムの内容が決まりましたので改めておしらせいたします。

 

日時: 2014118日(土) 13001610

場所: 大仙市大曲交流センター「講堂」 (大仙市大曲日の出町二丁目753号)

テーマ: 「今なぜ公文書館が必要なのか」

事業報告 公文書館基本設計中間報告

基調講演 秋田大学教育文化学部教授 渡辺英夫 氏

パネルディスカッション

コーディネーター 茶谷十六 氏(一般財団法人民族芸術研究所理事)

パネリスト  冨樫泰時 氏(秋田県文化財保護審議会長)

        戸嶋 明 氏(前秋田県公文書館長)

        保坂裕興 氏(学習院大学文学部教授)

        黒澤三郎 氏(大仙市古文書ボランティア)

        畑中康博 氏(秋田県立博物館学芸主事)

 

http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2014070900021/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11/8(土)開催、大仙市の公文書館啓発シンポジウムの内容が決定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/799

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事