新着文献『学芸員のための展示照明ハンドブック』 藤原 工著

140724.jpg

 

著者は電気機器メーカーで照明デザインやコンサルティングに携わったのち、2012年に照明の専門会社を立ち上げました。本書は、全国の美術館や博物館、寺社仏閣などの展示照明の経験をもとに書かれたものです。光の基本的な知識に始まり、近年普及し始めているLED照明の選び方など、展示の担当者だけでなく、保存やその他業務にかかわる初心者にもわかりやすい内容になっています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ミュージアム照明の基本的な考えを関係性から読み解く

 ●光と展示物と鑑賞者の関係から考える

 ・展示物が見えるということ

 ・光について知ろう

 ・物について知ろう

 ・人の視覚について知ろう

 ・光→物の関係① 有害光線による損傷

 ・光→物の関係② 損傷を防ぐための照度制限

 ・光→物→人の関係① 光色(色温度)

 ・光→物→人の関係② 色の再現性(演色性)

 ・光→物→人の関係③ 陰影が表現するもの

 ・光→物→人の関係④ 光が表現する質感

 ●空間と鑑賞者の関係から考える

 ・鑑賞の空間とは

 ・空間の明るさとは

 ・空間の快適性と光

 ・光色と空間の快適性

 ・展示空間での不快な光-グレアと映り込み

 ・眼は空間に合わせて常に変化する

 

ミュージアム照明を展示手法からひもとく 

●展示手法とミュージアム照明

 ・展示空間の構成を展示手法で見てみる

 ・ミュージアム照明を展示手法と照らし合わせる

 ●オープン展示

・建築照明としてのベース照明

・オープン壁面展示の照明手法

・壁面照明は空間を支配する

・余白の美と光のノイズ

・壁面展示が仕掛けるいくつかの罠

・オープン床面展示の照明手法

360度鑑賞をする展示のチェックポイント

・壁を背負う時の光と影

●ケース展示

・ケース展示の種類と空間

・壁面ケースと照明

・壁面ケース照明の可変性①

・壁面ケース照明の可変性②

・壁面ケースにおける光の美意識

・ハイケースの照明

・覗きケースの照明

・展示ケース外からの照明

●ライティング基礎

・ライティングの手順

・ライティングのくみたて

・光をアヤツリキメる

・ライティングのチェックと空間調整

 

これまでの これからのミュージアム照明

●ミュージアム照明は何を目指しているのか

・日本のミュージアム照明はどう進化してきたのか?

・サスティナブルミュージアムの照明

・LEDのミュージアム利用の可能性について

・ミュージアムのLED選択基準

・ユニバーサルミュージアムのための照明

●これからのミュージアムへ

・照明リニューアルを推進しよう

・照明力を鍛えるワン・トゥ・スリー

出展一覧

参考書・参考ウェブサイト

知っておきたい照明の基本用語

あとがき

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『学芸員のための展示照明ハンドブック』

著者: 藤原 工

発行日: 2014630

発行所: 講談社

http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1565214

判型: A5判、175

定価: 3,000円(税別)

 

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新着文献『学芸員のための展示照明ハンドブック』 藤原 工著

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/784

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事