「文化財の次世代への確かな継承―災害を前提とした保護対策の構築をめざして―」を日本学術会議が提言

index0704.jpg

 

東日本大震災など大規模な自然災害を受けて、日本学術会議が「文化財の次世代への確かな継承―災害を前提とした保護対策の構築をめざして―」を提言しました。文化庁は、独立行政法人 国立文化財機構に「文化財防災・救出センター(仮称)」の設置を2014年度の概算要求に掲げ、一部の事業費が認められています。

提言の内容は下記の4項目です。

 

(1) 文化財の防災と救出に向けた国レベルの常設機関の必要性と期待される業務

(2) 文化財専門職員配置の必要性

(3) 災害遺構保護の必要性

(4) 被災文化財救援における大学の役割

 

詳細はpdf(1.01MB)で:

http://www.scj.go.jp/ja/info/index.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「文化財の次世代への確かな継承―災害を前提とした保護対策の構築をめざして―」を日本学術会議が提言

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/746

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事