「第9回映画の復元と保存に関するワークショップ」の参加申し込み開始

index140709b.jpg

 

2014823日~25日に開催される「第9回映画の復元と保存に関するワークショップ」の参加申し込みが始まりました。定員は講義が100名、実習が(120名、(27名、(35名です。お申込みの締め切りは87日(木)ですが、定員に達し次第締め切りとなります。受講料は、全日程一般8,000/学生5,000円、講義のみ(2日間)一般5,000/学生3,000円、(1日目もしくは2日目のみ)一般3,000/学生2,000円です。

 

日程: 2014823日(土)~25日(月)

会場と内容: 

12日目 講義 京都府京都文化博物館

604-8183 京都府京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1

1日目 10301755(受付開始1000

・開会の辞 太田米男(大阪芸術大学)

・講義1 森脇清隆(京都府京都文化博物館)

「京都府京都文化博物館の取り組み」

・講義2 大傍正規(東京国立近代美術館フィルムセンター)

「東京国立近代美術館フィルムセンターにおける復元の取り組み」

・映画上映1

・ライトニングト-ク

 

・懇親会(希望者のみ、有料3,500円)18152030

 

2日目 10301750(受付開始1000

・講義3 岩槻 歩(川崎市市民ミュージアム)

「地域映像アーカイブの現状:川崎市市民ミュージアムの場合」

・基調講演 佐伯知紀(文化庁)

「映画振興と文化庁:収集・復元・上映と普及振興について」

・映画上映2

・講義4 板倉史明(神戸大学)・田中範子(神戸映画資料館)

「神戸における民間アーカイブと大学の連携」

・講義5 松本圭二(福岡市総合図書館)

「無声映画『義民 冨田才治』復元プロジェクト」

・講義6 吉岡徳行(株式会社吉岡映像)

「小型映画の修復とテレシネ」

・講義7 遠藤和彦(ナックイメージテクノロジー)

「アーカイブとDI機器」

・閉会の辞 太田米男(大阪芸術大学)

 

3日目 実習 

(1) 株式会社IMAGICAウェスト [映画フィルム取り扱いの基礎] 9301330

(2) 株式会社吉岡映像 [小型映画フィルム修復] 9301330

(3) 神戸映画資料館 [映画フィルム上映の基礎と実践](初心者向き) 10301500

 

お申込み詳細は:

http://filmpres.org/whatsnew/3689/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「第9回映画の復元と保存に関するワークショップ」の参加申し込み開始

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/760

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事