国立国会図書館が平成26年度資料保存研修を開催

training_h26.jpg

 

国会図書館が国内の図書館員等を対象に、資料保存に関する基礎的な知識と技術の習得を目的として、下記のとおり資料保存研修を実施します。参加費は無料、定員は東京本館42名(各日21名)、関西館16名です。お申込期間は、2014818日(月)900827日(水)1700です。

 

日時: 20141023日(木)、1024日(金) 9301630

会場:  国立国会図書館東京本館 新館3階研修室

(東京都千代田区永田町1-10-1

     2014117日(金)930分~1630

 国立国会図書館関西館 第3研修室

(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

※各日とも同じ内容です。

 

内容:

講義と実習

 講義:「図書館資料の保存」

 図書館における「利用のための資料保存」の基本的な考え方について、講義を行います。

 実習:「あなたにもできる図書館資料の簡易な補修」

(1)簡易補修、(2)無線綴じ本をなおす、(3)外れた表紙と本体をつなぐ、

(4)簡易帙をつくる 図書館資料の軽微な破損を直すための実習を行います。

*資料保存研修の最新テキストは研修・保存フォーラムのページをご覧ください。

持ちものはえんぴつ、エプロン、文庫本です。

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/training_h26.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国立国会図書館が平成26年度資料保存研修を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/763

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事