イギリスの修復家団体The Institute of Conservationの紙本修復グループが2015年に学会を開催 小論文の募集も

icon140620.jpg

 

下記の通り案内されています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

学会開催と小論文の募集のお知らせ

"Adapt & evolve : East Asian materials and techniques in Western conservation"

(適合と発展:西洋保存修復における東アジアの保存修復技術と道具、材料)

日時: 201548日(水)~10日(金)

会場: ブルネイギャラリー、ロンドン(The Brunei Gallery, SOAS http://www.soas.ac.uk/gallery/)

主催: 英国保存修復学会 紙本保存修復グループ The Institute of Conservation (Icon) Book & Paper Group, UK

公式ウェブサイト:  http://adaptandevolve2015.wordpress.com

 

今学会は西洋紙本保存修復界における東アジアの影響を歴史と最新の研究の両方の観点より見直し、これまでに培われた知識、交流を受け継ぎ、そしてさらに発展させてゆくことを目的としております。

 

歴史的側面では、世界中の紙本保存修復のあり方に影響を与えた東アジアの保存修復の技術とまた深い関わりのある材料、道具がいかに西洋の紙本保存修復界に導入、確立され、独自のコレクションに見合った発展を遂げてきたかを振り返ります。西洋と東洋の交流と情報の伝達に尽力された方々を基調講演者として迎えます。

 

最新の研究発表という側面では、現在いかに東アジア各国の独自的技術、材料、道具が世界中の西洋紙本コレクションの保存修復に用いられているかを新たに報告していただきます。

 

どちらの分野でも、学会で発表いただける小論文を募集しております。

630日までに英語で300~500ワード程度の要約文をadaptandevolve2015☆gmail.com(※☆は@に打ち替え)へお送り下さい。発表いただくことになりましたら930日までに選考委員よりご連絡いたします。

ポスターの募集も行いますので、渡英が難しいかと思われる方はぜひこちらにご参加下さい。

 

学会の初日は、ロンドン市内にございます美術館、博物館などの保存修復スタジオへの訪問となっております。

参加者には希望の訪問先をご選択いただき、1~2時間ほどのツアーに参加していただきます。

複数の訪問先の選択も可能ですが、定員制となっておりますのでお早めにご登録下さい。

 

また同時に、学会開催期間中の見本市で保存修復用品の販売を行う機会も設けております。

見本市への参加にご興味がございましたら詳細お問い合わせ下さい。

 

参加登録の受付は9月より開始いたします。

登録方法、費用詳細は公式ウェブサイトにて後日発表いたします。

日本より多くの方々にご参加いただけましたら幸いです。

お問い合わせは福田sayaka☆bookobscure.co.uk(※☆は@に打ち替え)までお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:http://adaptandevolve2015.wordpress.com

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イギリスの修復家団体The Institute of Conservationの紙本修復グループが2015年に学会を開催 小論文の募集も

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/735

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事