立教大学文学部史学科主催 公開講演会「ユーラシア東西における古文書学の現在」を開催

index140609b.jpg

 

下記の通り講演会が開催されます。

入場無料、参加申し込みは不要です。

 

日時: 2014621日(土)14:3018:00

場所: 池袋キャンパス 5号館1 5121教室

対象者 立教大学学生、教職員、交友、一般

 

内容 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

司会・コメント 高橋 一樹 (武蔵大学教授)

 

菊地 重仁 (東京大学大学院人文社会系研究科研究員)

「初期中世ヨーロッパ政治史への「文書形式学的」アプローチ─ 定型表現の形成とその意義について」

佐藤 雄基(立教大学文学部准教授)

「日本中世前期の文書様式とその機能」

川西 裕也 (東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門特任研究員)

「高麗・朝鮮の公文書制度と国家体制」

四日市 康博(早稲田大学総合研究機構中央ユーラシア歴史文化研究所・招聘研究員)

「イル=ハン朝公文書とモンゴル帝国期文書様式の構造」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://www.rikkyo.ac.jp/events/2014/06/14508/

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 立教大学文学部史学科主催 公開講演会「ユーラシア東西における古文書学の現在」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/729

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事