文献『文化財IPMの手引き』 文化財虫菌害研究所編

SCN_0002.jpg


文化財虫菌害研究所は3年前から文化財IPMコーディネータ資格制度を設け、九州国立博物館と共催で講習会や試験を実施してきました。本書は、このような活動の中で、現場に即したわかりやすい手引きが欲しいという要望から出版されたものです。

写真や図版も多く、これから文化財のIPMを始めたい方々にもわかりやすく書かれています。巻末にはIPMに用いられる機器や用具類と文化財虫菌害防除認定薬剤などの製品情報も載っています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき

1章 はじめに

2章 文化財IPMについて

2-1日本の文化財分野における生物被害防除の歴史

2-2文化財IPMとは何か

3章 文化財IPMを進めるために必要な情報

3-1文化財に影響を与える因子と文化財IPM

3-2今を知る、平常値を知る

3-3違いに気づく、何が問題かを知る

3-4原因を探る、計画を立てる

3-5IPM基本情報の種類と必要性

3-6IPM情報の収集・整理・活用

4章 PMメンテナンス

4-1IPMメンテナンスとは何か

4-2IPMメンテナンスの方法

4-3IPMメンテナンスの具体例

5章 環境の調査

5-1温湿度の測定

5-2光の測定

5-3空気質の測定

6章 有害生物等の調査

6-1虫の観察と調査

6-2カビの観察と調査

6-3ダストの観察と調査

7章 被害発見時の対処

7-1被害を見つけたら

7-2殺虫・殺菌処置法

8章 IPMの実施体制

8-1館側の実施体制

8-2施工者の実施体制

8-3IPM技術者の育成と資質向上

9章 まとめ

附録(1IPMに用いられる機器や用具類

附録(2)文化財虫菌害防除認定薬剤一覧

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『文化財IPMの手引き』

編集: 公益財団法人 文化財虫菌害研究所 理事長 三浦定俊

発行: 公益財団法人 文化財虫菌害研究所

http://www.bunchuken.or.jp/publication/

発行日: 2014325

判型: A4判・並製  64

定価: 1,800円(税別)

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 文献『文化財IPMの手引き』 文化財虫菌害研究所編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/737

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事