いわて高等教育コンソーシアムが昨年のシンポジウム記録をサイトにアップ

indexb140416.jpg

 

岩手県内の5大学で構成される、いわて高等教育コンソーシアムが盛岡市で2013316日・17日に開催したシンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言」の記録がサイトにアップされました。

 

目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1 部

「文化財・資料」の保存と救済のための連携はどうあるべきか

―国・地方公共団体・民間ネットワーク―

■ 基調講演

・"システム"と文化財レスキュー事業 ---------- 9

   東京文化財研究所保存修復科学センター長 岡田  健 氏

    (東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会事務局長)

■ パネリスト発題

・文化財・資料の保存と救済のための連携について

  ―岩手県立博物館における救援活動を通して ---------- 22

   岩手県立博物館学芸第二課長 赤沼 英男

・あの大槌町で、なにができて、なにができなかったのか ---------- 27

   大槌町教育委員会生涯学習課長 佐々木 健

・岩手歴史民俗ネットワークの活動を中心に ---------- 33

   岩手大学教授 菅野 文夫(岩手歴史民俗ネットワーク事務局)

■ 討  論 ---------- 35

東日本大震災の検証と

来るべき震災の備えへの提言―資料保存と救済のあり方から

シンポジウム録

第2 部

公文書保存のあり方

■ 趣旨説明

   岩手歴史民俗ネットワーク副代表・盛岡大学教授 熊谷 常正 ---------- 59

■ パネリスト発題

・被災紙資料の保存と活用に関する

  ソリューション研究における被災公文書の復旧活動の今後の課題 ---------- 61

   国文学研究資料館 准教授 青木  睦

・公文書保存にむけた天草アーカイブズの取り組み ---------- 66

   天草市立天草アーカイブズ館長 金子久美子

・公文書保存のあり方―学校文書の諸問題 ---------- 70

   宮城学院女子大学教授 大平  聡

・新潟県長岡市における歴史公文書の保存と中越大震災・東日本大震災 ---------- 75

   長岡市立中央図書館文書資料室主任 田中 洋史

■ 討  論 ---------- 79

第3 部

震災に際しての図書館

■ 趣旨説明 ---------- 93

   いわて高等教育コンソーシアム・富士大学教授 斎籐 文男

■ パネリスト発題

・阪神・淡路大震災を伝える~大学図書館は何ができるのか~ ---------- 95

   帝塚山大学非常勤講師 稲葉 洋子(前神戸大学附属図書館情報管理課長)

・岩手県立図書館活動報告~震災記録の収集を中心に~---------- 102

   岩手県立図書館主任 齊藤 力矢

・「被災地の図書修復及び整備についての研究チーム」の活動 ---------- 105

   盛岡大学文学部准教授 千  錫烈

■ 討  論 ---------- 109

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いわて高等教育コンソーシアム刊行物のページ:

4119頁のpdfファイル(14MB)です。

http://www.ihatov-u.jp/kankou/index.html

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いわて高等教育コンソーシアムが昨年のシンポジウム記録をサイトにアップ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/700

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事