国立国会図書館が資料保存専門職員を募集

index140317-2.jpg

 

国会図書館が資料保存専門職員の募集をしています。職務内容は、各種図書館資料の保存修復業務(製本実務を含む。)、資料保存(マイクロ資料、電子情報等、紙媒体以外の資料の保存を含む。)に関する企画・調査研究及び当該専門的知識を必要とする業務(国内外関係者への研修、外部関連機関との交流等)です。

受付期間は41日(火)~417日(木)です。(特定記録郵便による郵送のみ受付)

 

試験日は下記の通り。

第一次    511日(日) 教養試験

会場は東京大学教養学部、同志社大学田辺校地

合格発表は521日(水)

第二次    621日(土) 専門試験(記述式)、英語試験(記述式) 

会場は東京大学教養学部

合格発表は718日(金)

第三次    86日(水)または7日(木) 人物試験(個別面接)、適性試験 

会場は国会図書館東京本館

最終合格発表は813日(水)以降

 

受験資格は下記の通り。

1.昭和6042日から平成641日までに生まれた者

2.平成642日以降に生まれた者で次に掲げるもの

a.学校教育法による大学を卒業した者又は平成273月までに卒業する見込みの者

b.学校教育法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は平成263月までに卒業する見込みの者

c.館長がa又はbに掲げる者と同等の資格があると認める者

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国立国会図書館が資料保存専門職員を募集

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/687

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事