2014年3月アーカイブ

hakubutukannsiryou140331.jpg

 

神庭氏は東京国立博物館の学芸研究部資料保存課長です。15年前から同館に勤めるようになり、取扱い資料の点数が多いこと、収蔵庫や展示室も改善の余地があることなど、複雑に問題を抱える博物館業務の中から「臨床保存学」が生み出されたといいます。

 

本書は、臨床保存学に基づいて博物館における資料保存、保存環境の改善や修理保存、保存教育、環境保護と博物館などについて解説しています。著者は臨床保存学を東日本大震災後の被災資料の保全という実践にも活かしているそうです。

 

はじめに

1 章 博物館における資料保存の意義

1 節 文化財資料に求めるもの

2 節 保全をおびやかすリスクとは

3 節 臨床保存学の必要性

4 節 職業倫理

5 節 資料保存を支える専門家

2 章 環境と資料の状態診断

1 節 資料の保存公開と環境の関係

2 節 環境をモニタリングして状態を評価する

3 節 資料の調査診断と記録

3 章 環境と予防保存

1 節 環境を改善して資料を保全する

2 節 博物館資料を安全に輸送する

3 節 保存箱で安全な環境をつくる

4 章 劣化と修理保存

1 節 修理を行う前に状態を調査する

2 節 対症修理と本格修理の役割

3 節 修理報告書を作成する

4 節 本格修理の事例

5 章 教育と普及

1 節 保存活動の公開

2 節 保存教育

6 章 環境保護と博物館の役割

1 節 低炭素社会との共存

2 節 自然災害への対応

3 節 環境と調和する資料保存

 

『博物館資料の臨床保存学』

著者: 神庭信幸

発行: 武蔵野美術大学出版局

http://www.musabi.co.jp/books/463014/

判型: A5判、248

定価: 2,000円(税別)

発行日: 201441

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

recruit140326.jpg

 

東京文化財研究所は下記の通り有期雇用職員を募集しています。

1)   文化遺産国際協力センター 研究補佐員(壁画の保存修復および保存環境と劣化原因にかかる調査研究の補佐) 採用予定日は201461日、応募締切は2014416日です。

2)   研究支援推進部管理室 事務補佐員(総務担当、経理担当)

採用予定日は201461日、応募締切は2014417日です。

3)   文化遺産国際協力センター アソシエイトフェロー(文化遺産国際協力センター文化遺産国際協力センターが受託している文化遺産国際協力コンソーシアム事務局業務)

4)   採用予定日は201471日、応募締切は201459日です。

 

詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

article140317.jpg

 

下記の通り開催されます。タイトルや時間は変更となることがあるそうです。

 

日時: 2014419日(土)、20日(日)

会場: 学習院大学・南3号館(JR山手線目白駅下車すぐ)

 

プログラム

419日(土)13:30~ 総会/大会記念講演会/懇親会

大会記念講演会

大田昌秀氏(沖縄国際平和研究所理事長、元参議院議員・沖縄県知事)

 「アーカイブズと私──沖縄県公文書館の設立を中心に」

 

420日(日)10:00~ 自由論題研究発表会/企画研究会

日本アーカイブズ学会設立10周年記念・企画研究会

テーマ「私たちの『アーカイブズ学』をとらえ直す──批判・検証・展望」

 

森本祥子(東京大学史史料室特任准教授)

「アーカイブズ学会の設立、その成果、そしてこれから」

松崎裕子(公益財団法人渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター企業史料プロジェクト担当)

「企業アーカイブズを持続可能なものとする:日本的経営におけるアーキビストとは?」

坂口貴弘(京都大学大学文書館助教)

「輸入学問からその先へ:アーキビスト協会設立前後の米国におけるアーカイブズ原則の受容(仮題)」

ファシリテータ:古賀崇(天理大学人間学部総合教育研究センター准教授)

 

日本アーカイブズ学会 2014年度大会のページ:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=166

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hitohanaze.jpg

 

NPO JCP(特定非営利活動法人 文化財保存支援機構)がシンポジウム「今、文化財が社会にできることⅡ」として「人はなぜ伝えようとするのか?-文化財による被災地復興のこころみ―」を開催します。定員300名で事前申込制ですが、当日参加も可とのことです。資料代は500円。

 

日時: 2014426日(土) 9051720830開場)

場所: 東京大学弥生講堂一条ホール

主催: NPO JCP(特定非営利活動法人 文化財保存支援機構)

助成: (公財)朝日新聞文化財団

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.特別講演

 9151030 「震災・文化・復興」 

赤坂憲雄(学習院大学教授・福島県立博物館館長)

10301145 「危機管理に向けて」~1.17から3.11へ~ 

三輪嘉六(九州国立博物館館長・NPO JCP理事長)

11451230 「比曽三匹獅子舞」実演 解説 菅野秀一(比曽三匹獅子舞保存会会長)

 

2.事例報告

 14001430 「ふるさとの宝を守るために―陸前高田市における文化財レスキュー」 

熊谷 賢(陸前高田市立博物館)

 14301500 「旧警戒区域における文化財保護―福島県双葉町のレスキュー活動から―」

          吉野高光(双葉町教育委員会)

 15151545 「相馬野馬追の復活と継承」

          二上文彦(南相馬市博物館)

 15451615 「被災民具の活用と継承-長野県栄村の活動より―」

          石野律子(神奈川大学日本常民文化研究所)

 

3.パネル・ディスカッション

 16151715 「心の復興のために」

 17151720 閉会挨拶

 17301930 懇親会(弥生講堂ホワイエ)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせは文化財保存支援機構へ:

http://www.jcpnpo.org/contact/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140317-2.jpg

 

国会図書館が資料保存専門職員の募集をしています。職務内容は、各種図書館資料の保存修復業務(製本実務を含む。)、資料保存(マイクロ資料、電子情報等、紙媒体以外の資料の保存を含む。)に関する企画・調査研究及び当該専門的知識を必要とする業務(国内外関係者への研修、外部関連機関との交流等)です。

受付期間は41日(火)~417日(木)です。(特定記録郵便による郵送のみ受付)

 

試験日は下記の通り。

第一次    511日(日) 教養試験

会場は東京大学教養学部、同志社大学田辺校地

合格発表は521日(水)

第二次    621日(土) 専門試験(記述式)、英語試験(記述式) 

会場は東京大学教養学部

合格発表は718日(金)

第三次    86日(水)または7日(木) 人物試験(個別面接)、適性試験 

会場は国会図書館東京本館

最終合格発表は813日(水)以降

 

受験資格は下記の通り。

1.昭和6042日から平成641日までに生まれた者

2.平成642日以降に生まれた者で次に掲げるもの

a.学校教育法による大学を卒業した者又は平成273月までに卒業する見込みの者

b.学校教育法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は平成263月までに卒業する見込みの者

c.館長がa又はbに掲げる者と同等の資格があると認める者

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140317.jpg

 

東京国立博物館では2014330日(日)まで、平成館企画展示室にて特集陳列「東京国立博物館コレクションの保存と修理」を開催中です。これに合わせて、同館のスタッフが最新情報の発信をしている「1089ブログ」では、掛軸や大型の紙資料の対症修理の例を写真入りで紹介しています。

 

1089ブログ」:

http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/2014/03/12/%E6%9B%B8%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%BF%AE%E5%BE%A9%E3%81%A8%E4%BF%9D%E5%AD%98/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

lrg.jpg

アカデミック・リソース・ガイド㈱が雑誌「ライブラリー・リソース・ガイド」第6号を発行しました。東日本大震災と図書館を特集しています。主な内容は下記の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(特別寄稿) 東日本大震災と図書館――図書館を支援するかたち 熊谷慎一郎(宮城県図書館)

 図書館協力・支援に携わっている経験から、東日本大震災後の宮城県内の公立図書館の活動などを紹介しています。

(特集) 図書館で学ぶ防災・災害 嶋田綾子(ライブラリー・リソース・ガイド責任編集者)

45軒の図書館や類似施設における災害に関連した展示を中心にした情報発信の取材記事です。

(司書名鑑)

No.2 谷合佳代子(公益財団法人大阪社会運動協会・大阪産業労働資料館「エル・ライブラリー」)

2008年に大阪府労働情報総合プラザが閉鎖され、その後補助金なしでエル・ライブラリーを立ち上げた人を取材しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

季刊「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)」第6号/2014年 冬号

発行日: 2014228

発行所: アカデミック・リソース・ガイド㈱

https://www.facebook.com/LRGjp

判型: A5判、158

定価: 2,625円(税込、年間購読料10,500円)

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

event20140218.jpg

東日本大震災に伴う福島原子力発電所の放射能漏れに関して、東京文化財研究所は文化財の除染対策を検討してきました。第1回研究会が20133月で、第2回が2014212日でした。研究所では研究会成果の一部をウェブに公開しました。

パブリックコメントも募集しています。締め切りは2014320日。

詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/~ccr/news/event20140218radmeet/event20140218.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140303.jpg

 

今年で14回目になる企画展「東京国立博物館コレクションの保存と修理 」が下記の通り開催されています。平成14年度から24年度までに修理された作品のうち技法や形態の点で特徴的な修理内容を持つ作品25件を選び、写真パネルなどで紹介しているそうです。

 

会期: 201434日(火) ~ 2014330日(日)

会場: 平成館 企画展示室

 

列品解説は下記の日程で行われます。

 

東京国立博物館コレクションの保存と修理

34() 14:0014:30 平成館企画展示室

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=3&id=7098

東洋書画の修復と保存

311() 14:0014:30 東洋館TNMTOPPANミュージアムシアター

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=3&id=7099

列品解説 展示を支える修復技術―マウント、書見台、保存箱

325() 14:0014:30 東洋館TNMTOPPANミュージアムシアター

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=3&id=7101

 

詳細は:

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1656

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

140228_01.jpg

 

国立公文書館が下記の通り、公文書専門員を募集中です。

 

雇用形態: 非常勤(国家公務員)

雇用期間: 平成2651日から平成27331日(勤務成績等により更新することも可能)

資   格:

 1(1)政治学、行政学、法学、歴史学(日本近現代史)、図書館情報学、アーカイブズ学、

記録管理学等の分野で大学院修士課程を修了した者、又はこれと同等の知識・能力を有する者

  (2)情報学・情報工学等の分野で大学院修士課程を修了した者で 

コンピュータネットワークを活用した情報システムの設計、 構築、運用に係る知識を有する者、

又はこれと同等の知識・ 能力を有する者

2 概ね2年以上の実務経験がある者、情報管理・処理能力、調査分析能力に優れている者、外国語の能力に優れている者であればなお可

就業時間: 9:0017:30

休憩時間: 45

職務内容:

   (1)国の機関等からの公文書の移管等に係る諸業務

   (2)一般の利用(目録、公開、普及啓発等)のための諸業務

   (3)国内及び諸外国の公文書館等に関する情報収集・調査研究

   (4)上記に関連する情報システム及びデータベースの構築・管理に関する諸業務

   (5)その他公文書管理法、公文書館制度の運用に係る諸業務

採用人数:若干名

 

詳細は:

http://www.archives.go.jp/saiyou/140228_01.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

e1532.jpg

 

国会図書館のカレントアウェアネス「E1532 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2014/2/14現在)」が伝えています。

デジタルアーカイブの動きや展示会、セミナー、刊行物ほかを紹介しています。

 

詳細は:

http://current.ndl.go.jp/e1532

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140220.jpg

国立科学博物館では、日本の産業系博物館等の資料を検索できる産業技術史資料共通データベース(ヒットネット/HITNET)を構築・公開しています。データベースに登録されている100館以上の博物館などから4館を企画展示しています。会期は2014323日(日)まで。休館日は毎週月曜日です。

 

(紹介されている4館)

いの町 紙の博物館(高知県いの町)

金沢蓄音器館(石川県金沢市)

山形謄写印刷資料館(山形県山形市)

新聞博物館(熊本日日新聞社) (熊本県熊本市)

 

詳細は:

http://www.kahaku.go.jp/event/2014/01hitnet/index.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

gendai0301.jpg

週刊現代3/1号ではグラビア8ページにわたって国立公文書館を紹介。日本国憲法や終戦の勅書などの原本やさまざまな「お宝」文書について取材しています。これら文書の保存にかかわる、業務課修復係の仕事も紹介しています。

 

週刊現代:

http://wgen.kodansha.ne.jp/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック