寒川文書館が資料保存ワークショップ「水損資料等の応急措置を学ぶ」を開催。

oshirase.jpg

 

洪水などによって浸水した紙資料への対処方法のワークショップです。

 

日時: 201398日(日) 13001630

会場: 寒川町民センター 展示室1

講師: 田上 繁さん(神奈川大学)・山口悟史さん(東京大学史料編纂所)

定員: 25名(先着順)(定員を超えた場合も見学していただくことは可能です)

資料代: 200円(当日集めます)

持ち物: マスク、エプロン

申込み: 820()より寒川文書館へ直接、または電話、FAX

寒川文書館(〒253-0106神奈川県高座郡寒川町宮山135-1総合図書館4

TEL 0467-75-3691FAX 0467-75-3758

 

ウェブサイト:

http://www.lib-arc.samukawa.kanagawa.jp/opac/bunsyo/contents/oshirase/oshirase.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 寒川文書館が資料保存ワークショップ「水損資料等の応急措置を学ぶ」を開催。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/598

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事