第137回 日本民具学会研究会「被災民具への対処―現状と課題」を開催

kenkyukai_tsugi.jpg 

東日本大震災で被災した民具のレスキュー活動と修理などの今後の課題についての報告会です。申し込み締め切りは910日(火)。参加料は3,000円(バス代)です。

 

日時: 2013921日(土)~22日(日)

     9/21(土) 130017009/22(日) 10001200

会場: 東北学院大学土樋キャンパス(1日目)

 (〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1

石巻市仮文化財収蔵施設(2日目)

テーマ: 「被災民具への対処―現状と課題」(共催 東北学院大学博物館)

内容:(初日)

 報告1 東日本大震災による被災民俗資料の取扱と課題  小谷竜介

    報告2 石巻市鮎川収蔵庫の被災資料メタデータの再構築に向けて

加藤幸治・沼田愛

         現地見学 

    (二日目)

    報告3 石巻文化センターの被災と資料の現状と課題  成田暢

現地見学 

 

お申込み詳細は:

http://www.mingu-gakkai.com/kenkyukai_tsugi.php

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第137回 日本民具学会研究会「被災民具への対処―現状と課題」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/596

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事