企画展「文化財受難の時代―いかに守るか―」を和歌山県立博物館が開催中

 bunnkazaijunannnojidai.JPG

 

和歌山県内の寺院や神社で近年に発生した、文化財の盗難や自然災害の実情を伝える展示会です。同時に、地元の工業高校や盲学校と連携して作製した、触れるレプリカや触って読む図録も紹介しています。

 

会期: 201339日(土)~421日(日)

休館日は月曜日、開館時間は9301700(入館は1630まで)

入館料: 一般280円、大学生170

会 場: 和歌山県立博物館640-8137 和歌山市吹上1-4-14

 

詳細は:

http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/junan/frameset.htm

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企画展「文化財受難の時代―いかに守るか―」を和歌山県立博物館が開催中

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/558

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事