資料管理研修セミナー「企業史資料のデジタル化に向けて」その取り組みと活用、を企業史料協議会が開催

seminer130325.jpg

 

下記の通り開催されます。定員は50名(事前申込制)、企業史料協議会会員は参加費無料、一般の方は1,000/1名、お申込み締め切りは423日(火)です。

 

日時: 2013426日(金) 13051710(受付開始 1230

会場: 中央大学駿河台記念館320

     東京都千代田区神田駿河台3-11-5 TEL 03-3292-3111

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1305 あいさつ

1310 「周回遅れのデジタル化―三井文庫の事例」 

     公益財団法人三井文庫 吉川 容

1350 「新・史料管理システムとデジタル化」 

公益財団法人三菱経済研究所・三菱史料館 萩野谷 泰

1440 「我が社のイントラネットの概要について」 

     明治安田生命保険相互会社 本庄 彰

1520 「多様な建築アーカイブズのデジタル化と活用に向けて」 

     清水建設株式会社 畑田尚子

1610 「企業資料のデジタル化と活用の取組み

―タブレット向けコンテンツなどを題材にして―」

関西大学総合情報学部 准教授 研谷紀夫

1710 閉会あいさつ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

セミナーチラシ表(セミナー概要)(PDF、676KB) seminerrect.pdf

 セミナーチラシ裏(発表要旨、申込書)(PDF、240KB)  seminerverso.pdf

セミナーは定員に達しました。 2013年4月5日 

 

企業史料協議会:

http://www.baa.gr.jp/

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 資料管理研修セミナー「企業史資料のデジタル化に向けて」その取り組みと活用、を企業史料協議会が開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/540

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事